intra-mart Accel Platform IM-Workflow ユーザ操作ガイド 第19版 2022-06-01

7.5.2. 特定業務代理を設定する

対象フローの処理を別の利用者に代行してもらいます。
ユーザ、組織、パブリックグループ、役職、役割での指定が可能で、対象となるフローを指定します。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「代理設定」→「代理先設定」をクリックします。

  2. 「特定業務代理」をクリックします。

    ../../../_images/basic_guide_13_1.png
  3. 「新規作成」をクリックします。

    ../../../_images/basic_guide_13_2.png
    • 編集

      image_common_62 をクリックすると、代理設定の編集を行う画面に遷移します。
    • 代理期間開始

      代理設定の開始日を表示します。
    • 代理期間終了

      代理設定の終了日を表示します。
    • 代理先対象種別

      代理先の対象種別を表示します。
    • 代理先対象名

      代理先の対象名を表示します。
    • フロー名

      特定業務代理の対象フロー名を表示します。
    • 備考

      代理設定についての備考が表示されます。
    • 申請

      委譲した申請権限の有効・無効をアイコンで表示します。
      image_common_58 :有効 image_common_59 :無効
    • 承認

      委譲した承認権限の有効・無効をアイコンで表示します。
      image_common_58 :有効 image_common_59 :無効
    • 状況確認

      image_common_35 をクリックすると、「対象者状況確認」画面がポップアップ表示されます。代理先対象のユーザを確認できます。
  4. 特定業務代理情報を入力します。

    • 代理先(必須)

      代理先となる対象を指定します。 image_common_19 <検索>をクリックすると、「代理先」画面がポップアップ表示されます。
      処理対象としたい項目の image_common_19 をクリックすると、IM-共通マスタの検索画面が表示されますので、指定したい対象を選択します。
      • 対象種別:選択した対象の対象種別が表示されます。
      • 対象名:選択した対象の対象名が表示されます。
      指定した対象に属するユーザを確認したい場合は、 image_common_35 <状況確認>をクリックします。
    • 代理の対象フロー

      代理の対象としたいフローを指定します。 image_common_19 <検索>をクリックすると、フロー検索画面がポップアップ表示されますので、指定したいフローを選択します。
    • 代理期間(必須)

      特定業務代理設定が有効な期間を設定します。終了日の指定も必須です。
      image_common_44 をクリックして表示されるカレンダーから、日付を選択します。
    • 委譲する権限(必須)

      代理先に委譲する権限を設定します。
      • 申請

        代理元に代わり、案件の「申請」「再申請」「引戻し」「取止め」を行うことを許可します。
      • 承認

        代理元に代わり、案件の「承認」「承認終了」「否認」「保留」「保留解除」「差戻し」「引戻し」を行うことを許可します。
    • 備考

      特定業務代理設定の説明等を入力できます。
      システムで設定されている全ロケールに対して、入力できます。
    • 代理設定通知メール

      登録時に、特定業務代理設定を行ったことを通知するメールを代理先に送信します。メール定義で定義されている代理設定通知メールが送られます。
      チェックボックスをオンにすると、コメント記入欄が追加表示されます。メール本文に追記するコメントを入力します。
  5. 「登録」をクリックします。

    ../../../_images/basic_guide_13_3.png
  6. 特定業務代理設定ができました。

    ../../../_images/basic_guide_13_4.png

コラム

特定業務代理設定は、登録した時点で即時に反映されます。