intra-mart Accel Platform ViewCreator 管理者操作ガイド 第26版 2021-04-01

3.2. クエリの作成

接続するデータベースを指定し、クエリを新規に作成します。
クエリは、ドラッグ&ドロップなどを用いたGUI操作による作成と、SQLの直接入力による作成が行えます。

コラム

HTML版のクエリ編集画面は 2017 Summer(Quadra) から利用可能です。
2017 Spring(Portland) 以前のバージョンのクエリ作成については「クエリの作成(2017 Spring(Portland) 以前)」も合わせて参照してください。

また、2017 Summer(Quadra) 以降のバージョンでFlash版のクエリ編集画面を利用することも可能です。
詳細は「設定ファイルリファレンス」-「クエリ編集画面設定」を参照してください。

コラム

SQLの直接入力による作成は2020 Spring(Yorkshire)から利用可能です。
Flash版のクエリ編集画面ではSQLの直接入力によるクエリの作成は行えません。

3.2.1. クエリ一覧画面

「サイトマップ」→「ViewCreator」→「クエリ一覧」をクリックします。

../../_images/basic_guide_1_1.png
図:クエリ一覧画面

項目名 説明
新規 クエリ定義の新規作成を行う「クエリ編集」画面に遷移します。
コピー
クエリ定義をコピーします。
コピーしたいクエリのチェックボックスにチェックをいれ、「コピー」をクリックしてください。
削除
クエリ定義を削除します。
削除したいクエリのチェックボックスにチェックをいれ、「削除」をクリックしてください。
データ参照一覧へ 「データ参照一覧」画面に遷移します。
検索
クエリ定義を検索します。
テキストボックスに設定されたキーワードとクエリ名の部分一致で検索します。
データ参照作成
各アイコンからデータ参照の作成画面に遷移します。
詳細は「データ参照の作成」を参照してください。
クエリ名
クリックすることで該当のクエリ定義の「クエリ編集画面」に遷移します。
クエリ定義を作成する方法によって、以下のいずれかのアイコンが表示されます。
query_builder_icon クエリビルダ で作成したクエリです。
sql_builder_icon SQLビルダ で作成したクエリです。
エクスポート
クエリ定義のエクスポートを行います。
エクスポートするクエリ定義の「エクスポート」アイコンをクリックしてください。
インポート
クエリ定義のインポートを行います。
インポートするクエリを「ファイル追加」で選択し、「インポート」をクリックしてください。

コラム

作成したクエリはXML形式のファイルでインポート/エクスポートができます。

注意

エクスポートされたXMLデータにはデータベースの仕様に依存する可能性があるデータ(テーブル名とフィールド名)が含まれます。
大文字、小文字の違い等によりインポートしたクエリが正しく表示できない場合がありますので注意してください。

3.2.1.1. クエリ一覧に表示されるクエリについて

クエリ一覧に表示されるクエリは、それぞれのクエリごとに参照可能かを判定し、参照可のクエリのみ表示しています。判定条件は以下の通りです。
クエリ内のテーブルのアクセス権については「クエリ編集画面でテーブル単位のアクセス権を設定する」を参照してください。
2019 Winter(Xanadu)まで
対象者 参照可能なクエリ
管理者 全てのクエリ
管理者以外
該当ユーザが作成し、かつ、更新者もそのユーザであるクエリ
または
クエリ内の全テーブルに参照許可が付与されているクエリ
2020 Spring(Yorkshire)から
対象者 参照可能なクエリ
管理者 全てのクエリ
管理者以外 クエリ内の全テーブルに参照許可が付与されているクエリ

3.2.2. クエリ編集画面

クエリ一覧画面の「新規」をクリックして作成画面を開きます。
クエリ編集画面は以下の2種類の画面があります。
  • クエリビルダ
ドラッグ&ドロップなどを用いたGUI操作によるクエリの作成が行えます。
「新規」をクリックした場合、初期表示としてクエリビルダが表示されます。
  • SQLビルダ
SQLの直接入力によるクエリの作成が行えます。
クエリビルダのツールバーに表示される「SQLで編集」をクリックしてSQLビルダに切り替えることが可能です。

コラム

SQLビルダは2020 Spring(Yorkshire)から利用可能です。