intra-mart Accel Platform IM-Workflow プログラミングガイド 第25版 2021-08-01

1.2. process

案件処理オブジェクトです。
IM-Workflow の案件に対する「処理」を実行します。
このオブジェクトの各メソッドを実行する場合は、予めセキュアトークンをブラウザで保持しておく必要があります。
セキュアトークンは、head タグの中で以下の様に meta タグを記述して imSecureToken の出力値を保持してください。
<meta http-equiv="X-Intramart-Secure-Token" content='<imart type="imSecureToken" mode="value" />' />

コラム

imSecureToken の詳細は、以下を参照してください。