intra-mart Accel Platform セットアップガイド (WebLogic編) 第11版 2022-12-01

JAXBプロバイダの設定

JAXBプロバイダの設定を行います。

コラム

WebLogicで intra-mart Accel Platform を運用する場合、 JAXBプロバイダの設定を行ってください。
JAXBプロバイダの設定を行わない場合、会社・組織などのエクスポートを行うと正しいデータが出力されません。
  1. 下記のシステムプロパティを設定することで、JAXBプロバイダの設定が可能です。
    システムプロパティ
    com.sun.xml.ws.spi.db.BindingContextFactory com.sun.xml.ws.db.glassfish.JAXBRIContextFactory
    javax.xml.bind.JAXBContextFactory com.sun.xml.bind.v2.ContextFactory

    システムプロパティの指定はJava VM引数で指定します。上記のシステムプロパティを設定するには以下のJava VM引数に以下の設定を追記します。

    -Dcom.sun.xml.ws.spi.db.BindingContextFactory=com.sun.xml.ws.db.glassfish.JAXBRIContextFactory -Djavax.xml.bind.JAXBContextFactory=com.sun.xml.bind.v2.ContextFactory
    

    注意

    システムプロパティ javax.xml.bind.JAXBContextFactory は 2018 Winter 以降において有効なプロパティです。
    2018 Summer 以前をご利用の場合は、システムプロパティ javax.xml.bind.JAXBContextFactoryjavax.xml.bind.JAXBContext と指定してください。
    -Dcom.sun.xml.ws.spi.db.BindingContextFactory=com.sun.xml.ws.db.glassfish.JAXBRIContextFactory -Djavax.xml.bind.JAXBContext=com.sun.xml.bind.v2.ContextFactory
    

    Java VM引数の設定方法については「Java VM引数の設定」を参照してください。