intra-mart Accel Platform ローコード開発チュートリアルガイド 第6版 2022-06-01

4.3.5. ワークフローの修正

日報の承認者を申請時に選択できるようにワークフローを修正します。
アプリケーション管理から「ルート定義」の修正でワークフローのルートを修正し、「フロー定義」の修正で分岐条件の設定を行います。
アプリケーションの全体図だと、以下の色が塗られた箇所が対象です。
../../../_images/workflow_overall.png

4.3.5.1. ルート定義の修正

処理の順序と処理を行う利用者を保持するルート定義を修正します。

../../../_images/workflow_flow1.png

4.3.5.1.1. ルートの修正

「バージョン」 > wf_edit をクリックします。
「ルート詳細」タブを開きます。
../../../_images/workflow_flow2.png

applyからapproveにつながっている矢印を右クリックし、削除します。
approveからendにつながっている矢印を右クリックし、削除します。
../../../_images/workflow_flow3.png

分岐開始ノードと分岐終了ノードを配置します。
承認ノードを追加配置します。
下記の図のように矢印でつなぎます。
../../../_images/workflow_flow4.png

4.3.5.1.2. ノード詳細の修正

approveノードを選択します。
「ノード名」に「サンプル課11」を入力します。
「処理対象者」の検索をクリックし、「組織」の「検索」をクリックします。
「サンプル会社/サンプル部門01/サンプル課11」を選択し決定します。
../../../_images/workflow_flow5.png

承認ノードを選択します。
「ノード名」に「サンプル課21」を入力します。
「処理対象者」の検索をクリックし、「組織」の「検索」をクリックします。
「サンプル会社/サンプル部門01/サンプル課21」を選択し決定します。
../../../_images/workflow_flow6.png

画面下部の「更新」をクリックします。

4.3.5.2. フロー定義の修正

処理内容と処理順序を定義しているフロー定義を修正します。

../../../_images/workflow_flow7.png

4.3.5.2.1. 分岐開始方法の設定

「バージョン」 > wf_edit をクリックします。
「ルート詳細」タブを開きます。
../../../_images/workflow_flow8.png

分岐開始ノードをダブルクリックします。

分岐開始方法で「 申請/処理時に分岐先を選択する」を選択します。

分岐先設定可能ノードの「検索」をクリックします。
applyを選択し、決定をクリックします。
ノード設定ダイアログに追加された「apply」の分岐先選択可能数に「単一」を設定します。

登録をクリックします。
../../../_images/workflow_flow9.png

これで、ワークフローアプリケーションの作成が完了しました。
「申請対象者」として設定した「青柳辰巳」でログインすれば、ワークフローの申請一覧に作成したアプリケーションが表示されます。