intra-mart Accel Platform ローコード開発チュートリアルガイド 第9版 2022-12-21

4.3.2. テンプレートからアプリケーションのベースを作る

アプリケーション作成でテンプレートから登録や更新処理をもったアプリケーションのベースを自動で作成します。
本章では、「シンプルなワークフロー」テンプレートを利用してアプリケーションを作成します。

注意

本チュートリアルはintra-mart Accel Platform 2022 Spring(Eustoma)をベースに作成しています。
そのため、intra-mart Accel Platform 2022 Winter(Freesia)以降の環境をご利用の場合は、本ページの手順に差異があります。

4.3.2.1. アプリケーション作成のテンプレートからアプリケーションの作成

「intra-mart 標準アプリケーションテンプレート」から「シンプルなワークフロー」テンプレートを選択します。
../../../_images/template_select_workflow.png

「シンプルなワークフロー」テンプレートは扱うデータの定義に合わせてデータベースのテーブルと画面、処理が自動生成されます。
また、申請対象者を設定することで、対象者の「申請一覧画面」に作成したアプリケーションが表示されます。
「シンプルなワークフロー」で作成される画面と処理は以下の通りです。
  • 画面
    • ワークフロー画面
  • 処理
    • WF完了案件削除処理
    • WF過去案件削除処理
    • WF未完了案件削除処理
    • WFアクション処理
    • ユーザデータ削除処理
    • ユーザデータ取得処理

コラム

アプリケーション作成画面の入力項目について、不明点等あれば各要素の横にある as_template_help にカーソルを合わせてください。
何に利用される要素なのか、設定を変えるとどうなるのかなどの説明が表示されます。
../../../_images/workflow_template1.png

4.3.2.1.1. アプリケーション情報の設定

アプリケーションの基本情報を設定します。
アプリケーションID、アプリケーション名、説明に以下を設定します。
※アプリケーション情報に関しては、任意のものを設定していただいてもかまいません。次のページ以降、以下で設定したID、名称前提で進めます。
ラベル 入力値
アプリケーションID tutorial_daily_report_app
アプリケーション名 【チュートリアル】日報アプリケーション
説明 シンプルなワークフローテンプレートを利用して作成する日報アプリケーションです。
../../../_images/workflow_template2.png

4.3.2.1.2. 扱うデータの定義設定

次に、アプリケーションで利用するデータの定義を設定します。
ここで設定した定義を元にデータベースのテーブル、画面、処理が作成されます。
テーブル名に「tutorial_daily_report_app」と入力します。
テーブル情報を以下の表の通りに設定します。
テーブル情報の行は「+追加」を押下すれば追加されます。
物理名 表示名 データ型 表示形式 主キー 必須
user_data_id   文字列  
title タイトル 文字列 テキストボックス  
daily_report 日報 文字列 複数行テキストボックス  
submission_date 提出日 日付 日付入力    
applicant 申請者 文字列 テキストボックス    
approval_comment 承認コメント 文字列 複数行テキストボックス    
approver 承認者 文字列 テキストボックス    
../../../_images/workflow_template3.png

4.3.2.1.3. ワークフロー情報の入力

次に、アプリケーションで利用するデータの定義を設定します。

まず、「利用開始日」に現在日を入力します。

次に処理対象者を指定します。
「処理対象者」にチェックを入れ、申請対象者と承認対象者を表示させます。
「申請対象者」で「ユーザ」を選択し「追加」から青柳辰巳を追加します。
「承認対象者」で「ユーザ」を選択し「追加」から上田辰男を追加します。
../../../_images/workflow_template4.png
ワークフロー情報の入力まで完了したらテンプレートの新規作成の準備が完了です。アプリケーション作成を押下し、確認ダイアログの決定を押下します。
../../../_images/workflow_template5.png

テンプレートからデータベースや画面等が自動で生成されます。
画面のステータス項目がCOMPLETEになれば、テンプレートからの自動作成は完了です。
../../../_images/workflow_template6.png

次のページからは、自動作成した処理の修正を行っていきます。