intra-mart Accel Platform セットアップガイド (Payara編) 第4版 2020-04-01

Executor Service の設定

Payara Server では非同期処理のタスク実行エンジンとして Concurrency Utilities for Java EE を利用しています。 非同期処理機能では JNDI を通じて Concurrency Utilities の ExecutorService を取得しています。 本章では ExecutorService の設定を行います。

Executor Service の設定

  1. 左ペインのメニューから [Resources] - [Concurrent Resources] - [Managed Executor Services] - [concurrent/__defaultManagedExecutorService] を選択します。

    ../../_images/executor_service1.png
  2. 以下の設定を確認します。

    Long-Running Tasks
    Hung After に 1 以上の値を設定する場合、選択して有効化してください。
    Hung After に 0 を設定する場合、どちらでも構いません。
    Hung After 0 を指定してください。
    ../../_images/executor_service2.png

    注意

    Hung After に 1 以上の値を設定し、かつ Long-Running Tasks を無効化している場合、非同期スレッドが Hung After 秒以上実行後に以下のような警告が表示されます。

    [2018-07-04T17:51:24.433+0900] [Payara 5.182] [警告] [AS-CONCURRENT-00001] [javax.enterprise.concurrent] [tid: _ThreadID=327 _ThreadName=glassfish-internal-managedThreadFactory-Thread-1] [timeMillis: 1530694284433] [levelValue: 900] [[
    Task [MyTask@61a84554] has been running on thread [concurrent/__defaultManagedExecutorService-managedThreadFactory-Thread-1] for 52 seconds, which is more than the configured hung task threshold of 5 seconds in [concurrent/__defaultManagedExecutorService].]]