intra-mart Accel Platform 移行仕様書 初版 2015-12-01

9. IM-ContentsSearch

IM-ContentsSearchのデータは移行できません。設定ファイルもすべて再設定が必要です。
作成したクローラは、IM-ContentsSearch 用互換モジュールをインストールすることで、互換バッチとして使用可能になります。

IM-ContentsSearchのデータやリソース、設定について、移行しない/できない理由と、互換モジュールの内容は以下の通りです。

9.1. 移行しない/できない理由

9.1.1. データ関係

  • Solr
    • インデックス
      → 移行できない
      • インデックスは互換性がないため、すべて再作成する必要があります。
  • version 7.2 -> intra-mart Accel Platform
    • 最終クローリング日時ファイル
      → 移行の必要なし
      • 再作成が必須なため不要です。
    • 動的フィールドファイル
      → 移行の必要なし
      • 再作成が必須なため不要です。

9.1.2. リソース関係

  • version 7.2 -> intra-mart Accel Platform
    • 製品標準で提供されるもの
      • クローラ
        → 移行の必要なし
        • IM-Workflowクローラは標準モジュールで新規に提供します。
        • ドキュメントワークフロー(BPW)クローラはAdvanced版互換モジュールで新規に提供します。
      • クローラのリスナー
        → 要再作成
        • リスナーのインタフェースが変わったため、リスナーを作成していたユーザは新しいインターフェースで再作成する必要があります。
        • リスナーの設定先が system-install.xml から plugin.xml に変更されました。
      • テンプレート画面
        → 移行の必要なし
        • 新規に提供します。
    • ユーザ独自のもの
      • クローラ
        → 互換モジュールで動作保証
        • 提供される互換APIは、APIドキュメントの「(互換)IM-ContentsSearch API」を参照してください。

          注意

          基本的にAPIのインタフェースの互換性は保持されますが、ファセット等に一部仕様変更があり、 作りによっては意図した動作にならない可能性があります。

        • バッチは、ジョブとして再設定してください。
      • テンプレート画面
        → 要再作成
        • UIが一新されたため、テンプレートは intra-mart Accel Platform のUIデザインガイドラインに準拠してください。

9.1.3. 設定ファイル関係

  • Solr
    • schema.xml
      → 移行できない
      • Solrのバージョンが変わり、標準のスキーマが変更になるため、移行できません。
      • 通常は編集不要ですが、カスタマイズしている場合は、個別に対応する必要があります。
    • solrconfig.xml
      → 移行できない
      • Solrのバージョンが変わるため、移行できません。
      • ユーザが独自でチューニングした部分は、個別に再設定する必要があります。
    • mecab、および、sen のカスタマイズ辞書ファイル
      → 移行できない
      • mecab、sen を使わなくなったため、移行できません。
      • 新しく提供される kuromoji の辞書に移行する必要があります。
  • version 7.2 -> intra-mart Accel Platform
    • solr-config.xml
      → 移行できない
      • 必要に応じて設定値を手作業で移行する必要があります。

        コラム

        以下のような変更があります。

        • 一部の設定項目の削除
        • スキーマ定義が必要
      • 詳細は、「設定ファイルリファレンス - IM-ContentsSearch」を参照してください。

    • solr-extractor-config.xml
      → 移行できない
      • 必要に応じて設定値を手作業で移行する必要があります。
      • 詳細は、「設定ファイルリファレンス - IM-ContentsSearch」を参照してください。

9.2. セットアップ設定ファイル

Standard版は標準クローラは存在しないため、Advanced版のみ、テナント環境セットアップを行います

セットアップ設定ファイルの仕様は、「テナント環境セットアップ 仕様書」を参照してください。

モジュール IM-ContentsSearch用互換モジュール
ショートモジュールID im_contents_search_compatible_advanced
フォーマットファイル(xsd) WEB-INF/schema/import-data-config.xsd
配置先ディレクトリ WEB-INF/conf/products/import/basic/im_contents_search_compatible_advanced
ファイル名 import-im_contents_search_compatible_advanced-config-1.xml

9.2.1. ジョブ/ジョブネット

  1. 標準で用意されているジョブカテゴリ「IM-ContentsSearchクローラ」に以下を登録する。

    • [ジョブ] 差分ドキュメントワークフロークローラ
    • [ジョブ] 削除ドキュメントワークフロークローラ
    • [ジョブ] 再作成ドキュメントワークフロークローラ
  2. 上記ジョブを、標準で用意されている以下のジョブネットに登録する。

    • [ジョブネット] 差分クローリング
      • [ジョブ] 差分ドキュメントワークフロークローラ
    • [ジョブネット] 削除クローリング
      • [ジョブ] 削除ドキュメントワークフロークローラ
    • [ジョブネット] 再作成クローリング
      • [ジョブ] 再作成ドキュメントワークフロークローラ