intra-mart Accel Platform ジョブ・ジョブネット リファレンス 第13版 2020-08-01

再作成クローリング

ジョブネット概要

  • Solrサーバに保存されている全文検索用索引データの再作成処理を行うジョブを定義したジョブネットです。
    このジョブネットにより実行されるジョブは、そのジョブと対応するコンテンツの索引を全て削除した上で、再度全コンテンツの索引を作成し直します。
    索引作成対象となる全コンテンツのデータを参照するため、対象となるコンテンツの量によっては処理終了までに時間がかかります。
    また、Solrサーバ、コンテンツが保存されているデータベース、ストレージサーバなどにも負荷がかかる場合があります。
    実際の運用では環境に応じた実行スケジュールを十分に計画した上で再作成クローリングを実行してください。

実行パラメータ

  • ジョブネットに指定するパラメータリストです。
キー 名前 必須 デフォルト値
crawlingType REINDEX クローリングタイプ   REINDEX
groupName default 検索サーバグループ名   default
maxSegments 1 最大セグメント数   1
withCommit true コミット実施フラグ   true
withOptimize false 最適化実施フラグ   false

crawlingType

キー名 クローリングタイプ
クローラの動作タイプを設定します。
通常は初期値(”REINDEX”)から変更する必要はありません。

groupName

キー名 検索サーバグループ名
処理対象とする検索サーバグループIDを指定します。
通常はデフォルト値から変更する必要はありません。

maxSegments

キー名 最大セグメント数
最適化の度合いを設定します。
1に近づくほど強い最適化を行いますが、処理の所要時間が伸びます。

withCommit

キー名 コミット実施フラグ
処理終了時に更新データを確定するかを設定します。

withOptimize

キー名 最適化実施フラグ
処理終了時にデータの最適化をするかを設定します。
最適化処理は負荷が高いため、複数クローラを実行する際はジョブネットの最後に最適化処理ジョブを実行することを推奨します。