intra-mart Accel Platform IM-Workflow ユーザ操作ガイド 第18版 2021-12-01

6.3. IM-ContentsSearch

IM-ContentsSearch 、 IM-ContentsSearch for IM-Workflow ( IM-ContentsSearch 検索対象追加機能)を設定している環境では、 IM-Workflow の案件の全文検索を行うことができます。
IM-Workflow 全文検索機能は、すべての案件を対象に検索を実行できます。

6.3.1. 案件検索

  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「検索」をクリックします。

  2. キーワードに検索したい案件の案件名などを入力し、「検索」をクリックします。

    ../../_images/other_guide_3_1.png
    • キーワード

      検索対象に指定した範囲に設定する検索条件となる語句を入力します。
      スペースを含めた形で入力すると、AND条件による検索を実行します。
    • 検索対象

      「キーワード」に指定した語句を条件として、検索を行う案件情報の範囲を指定します。
      選択値による検索範囲は、以下の通りです。
      • すべて

        下記の案件名・テキスト・添付ファイルの対象範囲のすべてを検索対象とします。
      • 案件名

        案件名を検索対象とします。
      • テキスト

        案件情報のうち、下記の項目を検索対象とします。
        ( IM-ContentsSearch のテキスト情報に格納された情報です。)
        • フロー名(フロー定義の全ロケール分の名称)
        • 案件名
      • 添付ファイル

        申請・承認画面などの、IM-Workflow の標準処理画面で添付されたファイルの名称を検索対象とします。

        コラム

        ユーザコンテンツ画面で独自に登録した添付ファイルや、IM-FormaDesigner の画面アイテム「ファイルアップロード」など、IM-Workflow の標準処理画面以外で添付されたファイルは検索対象に含まれません。
    • 案件状態

      検索対象とする案件の状態を指定します。
      • すべて

        ユーザに処理権限、確認権限、参照権限のいずれかが付与されている未完了案件・完了案件・過去案件を検索対象とします。
      • 未完了案件

        ユーザに処理権限、確認権限、参照権限のいずれかが付与されている未完了案件を検索対象とします。
      • 完了案件

        ユーザに処理権限、確認権限、参照権限のいずれかが付与されている完了案件を検索対象とします。
      • 過去案件

        ユーザに処理権限(処理済)が付与されている過去案件を検索対象とします。

      コラム

      検索結果に表示される案件の処理権限には、ワークフロー管理者、ワークフロー運用管理者(管理グループ)による権限は含まれません。
      検索結果に表示させるためには、ワークフローの処理対象者、確認対象者、参照者のいずれかの権限を付与してください。
  3. 検索結果が表示されますので、参照したい案件名をクリックします。

    ../../_images/other_guide_3_2.png
  4. ポップアップで案件の詳細画面が表示されました。

    ../../_images/other_guide_3_3.png

    コラム

    IM-Workflow 全文検索の検索結果で表示できる案件の画面は、詳細画面のみとなるため、検索結果で表示した案件画面から処理を行うことはできません。
    対象の案件の処理を行うためには、「ワークフロー」の「未処理」から案件の処理画面を表示するようにしてください。