intra-mart Accel Platform IM-Workflow ユーザ操作ガイド 第19版 2022-06-01

4.2.2. 確認ノードを利用する

確認ノードの指定が必要な場合の操作です。
処理時に指定が必要な場合を想定して説明します。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「一覧」→「案件一覧」をクリックします。

  2. タスク状態が「未処理」の一覧から案件を選択して、「処理」アイコンをクリックします。

    ../../../_images/apply_guide_0822_2_1.png
  3. 「処理」をクリックします。

    ../../../_images/apply_guide_0822_2_2.png
  4. 必要な情報を入力し、フロー設定にある確認ノードの image_common_31 アイコンをクリックします。

    ../../../_images/apply_guide_0822_2_3.png
    • 編集

      image_common_31 をクリックすると、処理(確認)対象者の設定を行う画面が表示されます。
    • ノード名

      処理(確認)対象者設定の対象となるノードの名称を表示します。
    • 必要な設定内容

      処理(確認)対象者設定の対象となるノードに対して必要な設定内容を表示します。
    • 設定状況

      設定が問題なく行われている場合には、 image_common_60 を表示します。
      処理を進めるには、対象ノードの設定状況に image_common_60 が表示されている状態である必要があります。
      確認ノードの対象者指定は必須ではありません。
  5. 「検索」をクリックします。

    ../../../_images/apply_guide_0822_2_4.png
    • ノード名

      処理(確認)対象者設定の対象となるノードの名称を表示します。
    • 保存済み設定

      ログインユーザが保存した確認対象者設定を利用できます。
      利用したい場合は、プルダウンに表示される設定名から選択します。
    • 設定名

      現在の設定を保存したい場合は、保存する設定の名称を入力します。
      「保存」ボタンをクリックすると、設定名に入力した名称で、現在の確認対象者設定が保存されます。
    • 処理対象者

      ノードの確認対象者を設定します。
      ルート定義で指定した確認対象者が、デフォルトで設定されています。
      • 確認対象者を指定します。 image_common_32 <検索>をクリックします。
        IM-共通マスタの検索画面が表示されますので、対象者に指定したい対象を選択します。
      • 対象者の状況を確認できます。状況確認欄に表示されている image_common_35 をクリックすると、「対象者状況確認」画面がポップアップ表示されます。
      • 設定済みの対象者を解除できます。解除したい対象の解除欄の image_common_39 をクリックします。

    コラム

    絞込み条件設定

    動的承認(確認)・縦配置・横配置ノードに対し、「動的処理対象者設定機能」の「検索時条件(searchCondition)」が設定されている場合、「絞り込み条件」が表示されます。
    「検索時条件(searchCondition)」が設定されていない場合、「絞り込み条件」は表示されません。
    ../../../_images/search_condition_1.png
    「絞り込み条件」が表示されている場合には、通常の処理対象者設定と以下の点が異なります。
    • 「絞り込み条件」をクリックすると、「絞り込み条件確認」画面が表示され、検索時の暗黙条件を確認できます。

      ../../../_images/search_condition_2.png
    • 「絞り込み条件」が表示されている状態で「検索」を実行した場合、処理・確認対象者(ユーザ・組織等)の選択は表示されず、「ユーザ検索(キーワード タブ)」による検索のみが利用できます。

      ../../../_images/search_condition_3.png
    「動的処理対象者設定機能」の詳細は「 IM-Workflow プログラミングガイド 」の「 動的処理対象者設定機能 」を参照してください。
  6. image_common_32 アイコンから確認対象者を選択します。

    ../../../_images/apply_guide_2_5.png
  7. 「決定」をクリックします。

    ../../../_images/apply_guide_0822_2_5.png
  8. 「承認」をクリックします。
    確認ダイアログが表示されたら「決定」をクリックします。
    ../../../_images/apply_guide_0822_2_6.png
  9. 確認ノードの設定ができました。

    ../../../_images/apply_guide_0822_2_7.png

コラム

確認対象者としてユーザや組織などを検索する場合、検索基準日は案件の「申請基準日」固定です。
理由は、案件の申請基準日で有効な情報のみを検索・追加対象とするためです。