intra-mart Accel Platform IM-Workflow プログラミングガイド 第25版 2021-08-01

4.3. 申請(起票案件)/再申請/処理画面の呼び出し

IM-Workflow で提供する申請(起票案件)/再申請/処理を行うための画面(以下、「処理」画面)と連携する方法を説明します。

../../_images/screen_3_figure_1.png
「処理」画面を表示するためには、IM-Workflow が提供するタグライブラリおよびClient-side JavaScript APIを使用します。

4.3.1. スクリプト開発モデル

IM-Workflow 用のタグライブラリの使用方法については、「 APIドキュメント 」も併せて参照してください。

4.3.1.1. PC用画面の場合

「処理」画面と連携する画面のヘッダ部(<imart type=“head”> ~ </imart>)に、下記のIMARTタグを記述します。
1
2
3
4
5
<imart type="head">

<imart type="workflowOpenPageCsjs" />

</imart>
「処理」画面と連携する画面のボディ部に、下記のIMARTタグを記述します。
IMARTタグに指定する属性は、通常「未処理一覧」画面から取得したリクエストパラメータを指定します。
1
2
3
4
5
6
7
8
<imart type="workflowOpenPage"
       name="approveForm"
      id="approveForm"
       method="POST"
       target="_top"
       imwSystemMatterId=$data.imwSystemMatterId
       imwNodeId=$data.imwNodeId >
</imart>
下記のClient-side JavaScript APIを実行することにより、「処理」画面が表示されます。
申請(起票案件)
1
2
3
4
5
<script type="text/javascript">

    workflowOpenPage('2');

</script>
再申請
1
2
3
4
5
<script type="text/javascript">

    workflowOpenPage('3');

</script>
処理
1
2
3
4
5
<script type="text/javascript">

    workflowOpenPage('4');

</script>

4.3.1.2. スマートフォン用画面の場合

「処理」画面と連携する画面のヘッダ部(<imart type=“head”> ~ </imart>)に、下記のIMARTタグを記述します。
1
2
3
4
5
<imart type="head">

<imart type="spWorkflowOpenPageCsjs" />

</imart>
「処理」画面と連携する画面のボディ部に、下記のIMARTタグを記述します。
IMARTタグに指定する属性は、通常「未処理一覧」画面から取得したリクエストパラメータを指定します。
1
2
3
4
5
6
7
8
<imart type="spWorkflowOpenPage"
       name="approveForm"
      id="approveForm"
       method="POST"
       target="_top"
       imwSystemMatterId=$data.imwSystemMatterId
       imwNodeId=$data.imwNodeId >
</imart>
下記のClient-side JavaScript APIを実行することにより、「処理」画面が表示されます。
申請(起票案件)
1
2
3
4
5
<script type="text/javascript">

    workflowOpenPage4Sp('12');

</script>
再申請
1
2
3
4
5
<script type="text/javascript">

    workflowOpenPage4Sp('13');

</script>
処理
1
2
3
4
5
<script type="text/javascript">

    workflowOpenPage4Sp('14');

</script>

4.3.2. JavaEE開発モデル

IM-Workflow 用のタグライブラリの使用方法については、「 APIドキュメント 」も併せて参照してください。

4.3.2.1. PC用画面の場合

「処理」画面と連携する画面のヘッダ部(<imui:head> ~ </imui:head>)に、下記のタグライブラリを記述します。
1
2
3
4
5
<imui:head>

<workflow:workflowOpenPageCsjs />

</imui:head>
「処理」画面と連携する画面のボディ部に、下記のタグライブラリを記述します。
タグライブラリに指定する属性は、通常「未処理一覧」画面から取得したリクエストパラメータを指定します。
1
2
3
4
5
6
7
8
<workflow:workflowOpenPage
          name="approveForm"
          id="approveForm"
          method="POST"
          target="_top"
          imwSystemMatterId='<%=(String)request.getAttribute("imwSystemMatterId")%>'
          imwNodeId='<%=(String)request.getAttribute("imwNodeId")%>'>
</workflow:workflowOpenPage>
下記のClient-side JavaScript APIを実行することにより、「処理」画面が表示されます。
申請(起票案件)
1
2
3
4
5
<script type="text/javascript">

    workflowOpenPage('2');

</script>
再申請
1
2
3
4
5
<script type="text/javascript">

    workflowOpenPage('3');

</script>
処理
1
2
3
4
5
<script type="text/javascript">

    workflowOpenPage('4');

</script>

4.3.2.2. スマートフォン用画面の場合

「処理」画面と連携する画面のヘッダ部(<imui:head> ~ </imui:head>)に、下記のタグライブラリを記述します。
1
2
3
4
5
<imui:head>

<workflow:spWorkflowOpenPageCsjs />

</imui:head>
「処理」画面と連携する画面のボディ部に、下記のタグライブラリを記述します。
タグライブラリに指定する属性は、通常「未処理一覧」画面から取得したリクエストパラメータを指定します。
1
2
3
4
5
6
7
8
<workflow:spWorkflowOpenPage
          name="approveForm"
          id="approveForm"
          method="POST"
          target="_top"
          imwSystemMatterId='<%=(String)request.getAttribute("imwSystemMatterId")%>'
          imwNodeId='<%=(String)request.getAttribute("imwNodeId")%>'>
</workflow:spWorkflowOpenPage >
下記のClient-side JavaScript APIを実行することにより、「処理」画面が表示されます。
申請(起票案件)
1
2
3
4
5
<script type="text/javascript">

    workflowOpenPage4Sp('12');

</script>
再申請
1
2
3
4
5
<script type="text/javascript">

    workflowOpenPage4Sp('13');

</script>
処理
1
2
3
4
5
<script type="text/javascript">

    workflowOpenPage4Sp('14');

</script>

4.3.3. JSP、 TERASOLUNA Server Framework for Java (5.x)

JavaEE開発モデルに準じます。
TERASOLUNA Server Framework for Java (5.x) を利用して実装する場合には、「 IM-Workflow TERASOLUNA Server Framework プログラミングガイド 」も併せて参照してください。