intra-mart Accel Platform IM-Repository ユーザ操作ガイド 第5版 2021-04-01

3. IM-Repositoryについて

3.1. IM-Repositoryとは

IM-Repositoryは、intra-mart Accel Platform上で利用される様々な用語およびそのメタデータを管理できるアプリケーションです。
IM-Repositoryの特徴は以下の通りです。
  • アプリケーションが利用する用語の管理
  • 用語に対する属性情報(メタデータ)の管理
  • 拡張可能な属性情報
  • 用語と、その用語を利用しているアプリケーションとの間の依存関係の管理
  • 属性情報(メタデータ)の変更に対する影響範囲の算出
  • 影響範囲を元としたアプリケーションの修正を行うためのタスク管理
例えば、「ユーザコード」や、「取引先コード」といった用語と共に、論理名、物理名、桁数、データ型、制約といった属性情報(メタデータ)を統合的に管理できます。
また、用語の属性情報を変更した際に、その用語を参照しているものを列挙できます。
例えば、取引先コードの桁数を変更した場合、影響の出るアプリケーションを列挙する、といった事が可能です。
用語の情報はAPIを通じて様々なアプリケーションから参照可能です。
例えば入力チェック等のバリデーション機構に組み込んだり、用語を利用した画面項目の自動生成といった用途に利用できます。

コラム

intra-mart Accel Platformが利用している様々な用語(辞書データ)は、プロダクトファイルダウンロードサイトから入手し、取り込むことが可能です。

3.2. IM-Repositoryの提供する機能と画面一覧

IM-Repositoryの提供する各機能と画面一覧は以下の通りです。

../../_images/im_repository_overview.png

<機能と画面>

機能 対応画面
型テンプレート
辞書
列挙
エンティティ
影響範囲
タスク
履歴
その他(IM-Repository全般)