intra-mart Accel Platform IM-LogicDesigner ユーザ操作ガイド 第8版 2021-12-01

6.8. ユーザ定義編集 - CSV Fetch

6.8.1. ユーザ定義編集 - CSV Fetchの詳細

ユーザ定義編集 - CSV Fetchでは、CSVファイル上の大量データを対象とした取得処理を定義します。
設定内容の詳細は以下の通りです。
../../../../_images/ud_edit_csv_fetch_detail.png

<画面項目>

項目 説明
文字コード
処理するCSVファイルの文字コードを定義します。
引用文字
処理するCSVファイルにおける、フィールドを囲む引用文字を定義します。
区切り文字
処理するCSVファイルにおける、フィールドの区切り文字を定義します。
指定可能な文字の詳細は以下の通りです。
  • Tab
  • その他(入力フィールドに区切り文字として利用する文字列を指定してください)
行の終端文字
処理するCSVファイルにおける、1レコード毎の終端を表す文字を定義します。
指定可能な文字の詳細は以下の通りです。
  • LF
  • CRLF
  • CR
  • Tab
  • その他(入力フィールドに終端文字として利用する文字列を指定してください)
ヘッダ行をスキップする(チェックボックス)
チェックボックスをオンにすると、処理するCSVの先頭行(ヘッダ行)を処理対象から除外します。
返却値と列数が一致しない場合エラーにする(チェックボックス)
チェックボックスをオンにすると、「返却値に定義した要素数」と「処理するCSVファイルのフィールド数」が一致しない場合をエラーと判断し、ユーザ定義の処理が中断されます。