intra-mart Accel Platform IM-LogicDesigner チュートリアルガイド 第9版 2021-04-01

4.1. チュートリアルの概要(作成物のイメージ)

本チュートリアルでは、
「開発者の設定した入力情報を、コンソールへのログ、および、メールに発信し、その結果を出力情報として返す」
という処理の実装を通して、IM-LogicDesignerの基本的な操作方法や作業の流れを説明します。
作成する処理の動作イメージは以下の通りです。
../../../_images/tutorial-overview.png

図: 基礎編 チュートリアル動作概要図

  1. ロジックフロー実行者が、発信したいメッセージとともにフローを実行する。
  2. メッセージを元にコンソールへログとして出力する。
  3. メッセージを元にメールをロジックフロー実行者へ送信する。
  4. ロジックフローの実行結果を、ロジックフロー実行者へ返却する。
本チュートリアルで作成したロジックフローの実行には、IM-LogicDesignerが備えるロジックフローをREST APIとして扱う機能を利用します。
上記動作概要における、フローの実行、および、実行結果の返却の詳細は以下の通りです。
../../../_images/tutorial_how_to_call.png

図:基礎編 チュートリアルフロー実行概要図

4.1.1. 事前準備

本チュートリアルを進めるにあたり、以下の事前準備が行われていることが前提です。

4.1.1.1. 環境セットアップ

本チュートリアルを進める上で必要なintra-mart Accel Platformの環境セットアップ情報は以下の通りです。
  1. 以下のモジュールを含んだ形で、intra-mart Accel Platformのwarファイルを作成していること
    • IM-LogicDesignerモジュール
    • IM-共通マスタモジュール
  2. intra-mart Accel Platformのテナント環境セットアップが完了していること

  3. サンプルデータのインポートが完了していること

また以下の事前準備は任意です。開発環境に合わせて準備が可能な場合、実施してください。
  1. 以下のモジュールを含んだ形で、intra-mart Accel Platformのwarファイルを作成していること
    • メールモジュール
  2. メール設定が完了しており、メールの送信が可能であること。

コラム

メール設定について

メール設定の詳細は「設定ファイルリファレンス」 - 「メール設定」を参照してください。

4.1.1.2. チュートリアル実行ユーザ

本チュートリアルでは、全て「テナント管理者」ロールを持つユーザで実施します。
必要に応じて、ロールの付与を実施してください。