intra-mart Accel Platform IM-LogicDesigner仕様書 第20版 2022-06-01

5.2.1.12.1. ドライブ一覧の取得

サイト上のドライブの一覧を取得します。
サイト上に複数のドキュメントライブラリを作成している場合に利用します。
取得したドライブ情報に含まれるドライブIDは、SharePointストレージ取得と組み合わせることにより指定したドライブに対する操作が可能です。

5.2.1.12.1.1. 入力値

im_sharePointStorageGetDrives <object>
  ├─ providerId <string> *
  ├─ sitePath <string>
  └─ userCd <string> *
項目名 必須/任意 配列/リスト 説明
im_sharePointStorageGetDrives 任意 object なし  
providerId 必須 string なし プロバイダID
sitePath 任意 string なし
Office 365 SharePoint Online 上のサイトパスを指定します。
例えば、チームサイトが「https://yourcompany.sharepoint.com/sites/foo」の場合、サイトパスには “foo” でなく “sites/foo” を指定します。
userCd 必須 string なし
ユーザコード
SharePointと連携する際のユーザコード(SharePoint側のユーザコードではない)を指定します。

5.2.1.12.1.2. 出力値

im_sharePointStorageGetDrives <object>
  └─ drives <object[]>
    ├─ id <string>
    ├─ name <string>
    ├─ description <string>
    ├─ webUrl <string>
    └─ driveType <string>
項目名 配列/リスト 説明
im_sharePointStorageGetDrives object なし ドライブ一覧取得結果
drives object リスト ドライブ情報
id string なし ドライブID(SharePointStorage取得タスクで利用)
name string なし ドライブ名
description string なし ドライブの説明
webUrl string なし ドライブのURL
driveType string なし
ドライブの種別 (“documentLibrary”, “personal”, “business”)
このタスクを用いた場合は”documentLibrary”が取り扱われます。