intra-mart Accel Platform ログ仕様書 第12版 2019-12-01

インポート・エクスポートログ

インポート・エクスポートログには intra-mart Accel Platform が提供するインポータ/エクスポータの実行に関する情報が出力されます。
インポート・エクスポート処理が開始・正常終了した際は、ログレベル INFO でログが出力されます。
インポート・エクスポート処理に失敗したが、後続のデータの処理を続行した際は、ログレベル WARN でログが出力されます。
インポート・エクスポート処理が異常終了した際は、ログレベル ERROR でログが出力されます。
モジュール インポート・エクスポート
設定場所 %CONTEXT_PATH%/WEB-INF/conf/log/im_logger_import_export.xml
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<included>

    <!--
     - IMPORT_EXPORT_LOG
     -->
    <appender name="IMPORT_EXPORT_FILE" class="ch.qos.logback.classic.sift.SiftingAppender">
        <discriminator>
            <key>data.io.execute.id</key>
            <defaultValue>unknown</defaultValue>
        </discriminator>
        <timeout>10 seconds</timeout>
        <sift>
            <appender name="FILE-${data.io.execute.id}" class="jp.co.intra_mart.common.platform.log.appender.SystemStorageAppender">
                <filter class="jp.co.intra_mart.common.platform.log.filter.BuildAppenderFilter"/>
                <file>log/import-export/${data.io.execute.id}.log</file>
                <append>true</append>
                <encoder>
                    <pattern>[%d{yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS}]	%X{tenant.id}	%X{log.id}	:	[%-5level]	%X{data.io.record.num}	-	[%X{log.message.code}]	%msg	:	%X{data.io.data.key}%n%ex</pattern>
                </encoder>
            </appender>
        </sift>
    </appender>

    <logger name="IMPORT_EXPORT_LOG" additivity="false">
        <level value="info"/>
        <appender-ref ref="STDOUT"/>
        <appender-ref ref="IMPORT_EXPORT_FILE"/>
    </logger>

</included>

出力を行っている実装

intra-mart Accel Platform が提供しているインポート・エクスポートログの出力を行う機能は以下の通りです。
  • テナント管理機能

    • カレンダーインポート
    • 日付情報セットインポート
    • 日付情報インポート
    • カレンダーマージ設定インポート
    • アカウントインポート
    • ロールインポート
    • 認可(リソースグループ)インポート
    • 認可(リソース)インポート
    • 認可(サブジェクトグループ)インポート
    • 認可(ポリシー)インポート
    • メニューグループカテゴリインポート
    • メニューグループインポート
    • カレンダーエクスポート
    • 日付情報セットエクスポート
    • 日付情報エクスポート
    • カレンダーマージ設定エクスポート
    • アカウントエクスポート
    • ロールエクスポート
    • 認可(リソースグループ)エクスポート
    • 認可(リソース)エクスポート
    • 認可(サブジェクトグループ)エクスポート
    • 認可(ポリシー)エクスポート
    • メニューグループカテゴリエクスポート
    • メニューグループエクスポート
  • ジョブスケジューラ

    • ジョブインポート
    • ジョブエクスポート
  • インポート・エクスポート

    • 拡張データインポート

標準出力設定

ログレベル(初期値) INFO
出力先(初期値)
コンソール
システムストレージ - log/import-export/${data.io.execute.id}

コラム

${data.io.execute.id}<discriminator> 設定で割り当てられた実行 IDが取得可能なプロパティです。
プロパティについては「プロパティ」を参照してください。

出力パターン

利用可能なパターン文字列

インポート・エクスポートログで利用可能なパターン文字列は以下の通りです。
パターン文字列については「パターン文字列」を参照してください。
フォーマット文字列 設定有無(初期値) 説明
%d 出力日時
%thread スレッド名
%level ログレベル
%logger ロガー名
%msg
%X
利用可能なキーは「利用可能なMDCキー」を参照してください。

利用可能なMDCキー

インポート・エクスポートログで利用可能なMDCのキーは以下の通りです。
MDCについては「MDC」を参照してください。
MDCキー 設定有無(初期値) 説明
data.io.record.num 処理番号
data.io.data.key
データキー
対象となるデータを特定するためのキー
data.io.execute.id × 実行 ID
log.message.code ログメッセージコード
user.cd ×
ログ出力時のアカウントコンテキストのユーザコード
intra-mart Accel Platform 2014 Spring(Granada) 以降、利用可能です。
user.type ×
ログ出力時のアカウントコンテキストのユーザ種別
administrator : システム管理者
platform : ジョブなどのバックグラウンド
user : 一般ユーザ
intra-mart Accel Platform 2014 Spring(Granada) 以降、利用可能です。
tenant.id
ログ出力時のアカウントコンテキストのテナント ID
intra-mart Accel Platform 2014 Spring(Granada) 以降、利用可能です。
authenticated ×
ログ出力時のアカウントコンテキストの認証状態
true : 認証済み
false : 未認証
intra-mart Accel Platform 2014 Spring(Granada) 以降、利用可能です。

コラム

アカウントコンテキストの詳細については、「アカウントコンテキストのJavaDoc」を参照してください。