intra-mart Accel Platform 2021 Winter(Dandelion) リリースノート 初版 2021-12-01

9.2.8. Office365 連携

9.2.8.1. Office 365 連携機能が利用可能なブラウザは、Office 365 のシステム要件に準じます。

  • Office 365 連携機能が利用可能なブラウザは、Office のシステム要件 - Office 365 製品 (日本語) に準じます。
    具体的には以下の機能が該当します。
    1. Office 365 の 認証画面(「外部連携アプリケーション」画面から遷移するMicrosoft側の画面)
    2. Office 365 ドキュメントを表示するためのカスタムタグ
      • JavaEE開発モデル タグライブラリ
        • im-office365:excel
        • im-office365:powerPoint
        • im-office365:word
      • スクリプト開発モデル タグライブラリ
        • imOffice365Excel
        • imOffice365PowerPoint
        • imOffice365Word

9.2.8.2. Office 365 ドキュメントを表示するためのカスタムタグは、表示にのみ対応しています。

  • iframe内で Office 365 ドキュメントを編集することはできません。

9.2.8.3. Office 365 ドキュメントを表示するためのカスタムタグでは、Office 365 - SharePoint Online にログインしている必要があります。

  • Office 365 は統合サービスのため、 Office 365 へログインしていても、 SharePoint Online にアクセスできない状況があります。
    SharePoint Online にログインした後、利用してください。

9.2.8.4. Office 365 ドキュメントを表示するためのカスタムタグを利用した場合に、ブラウザの JavaScript Console にエラーが出力されます。

  • Office 365 ドキュメントを表示するためのカスタムタグを利用した場合に、ブラウザの JavaScript Console にエラーが出力されます。

    ・エラーが出力されますが、Office 365 ドキュメントは正常に表示されます。
    ・Chromeの場合では、以下のエラーが出力されます。
       Uncaught SecurityError: Blocked a frame with origin "https://TENANT.sharepoint.com" from accessing a frame with origin "https://hostname:8443". Protocols, domains, and ports must match.
       SPLoggers_module_def @ init.js:1
       $_global_init @ init.js:1
       (anonymous function) @ init.js:1
    Uncaught TypeError: Cannot read property 'ApplyCurrentTheme' of undefined
       (anonymous function)    @    WopiFrame.aspx?sourcedoc={XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX}&action=embedview:165
       (anonymous function)    @    WopiFrame.aspx?sourcedoc={XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX}&action=embedview:165
    Uncaught TypeError: Cannot read property 'Write' of undefined
       SP.WOPIMessageHandler.WOPIMessageHandler.$S @ sp.wopimessagehandler.js:2
       SP.WOPIMessageHandler.CrossDocumentMessenger.$R_0 @ sp.wopimessagehandler.js:2
       (anonymous function) @ msajaxbundle.js:1
       (anonymous function) @ sp.wopimessagehandler.js:2
       b @ msajaxbundle.js:1
    

9.2.8.5. Office 365 連携機能は、Office 365 のサービスを利用しているため、予告なく仕様が変更される場合があります。

  • Office 365 側の仕様が変更された場合、Office 365 連携機能で提供されているAPIの挙動が変わる可能性があります。