intra-mart Accel Platform ファーストステップガイド 第3版 2020-08-01

7.3. 祝日や会社の予定を設定したカレンダーを作成する

このハンズオンでは、独自の予定を設定したカレンダーを作成し、そのカレンダーをアプリケーション内で使用することを体験します。

このハンズオンのストーリー
新年度に向けてサンプル会社では、年間予定を含めたカレンダーを作成することになりました。
また、サンプル会社中国工場とのやりとりも多いため、中国工場の予定も合わせたカレンダーを作成することにしました。

このハンズオンで作成するカレンダー
../../_images/calendar_022.png

注意

このハンズオンでは、作成したカレンダーをアプリケーションで確認するために intra-mart Accel Collaboration を利用します。セットアップがお済みでない方は、「セットアップガイド」-「アプリケーションの追加」を参照し、intra-mart Accel Collaboration を追加してください。

7.3.1. ステップ1:テナント管理者が新しいカレンダーを作成する

コラム

サンプル会社の休日(水曜日・日曜日)を設定した「サンプル会社カレンダー」を作成します。
以下のように、休日を赤色、土曜日を青色に設定します。
../../_images/calendar_000.png
  1. ブラウザより「http://localhost:8080/imart/login」へアクセスします。

  2. テナント管理者でログインします。ユーザコード:tenant パスワード:無し(空白のまま)

    ../../_images/login_tenant.png
  3. 「テナント管理」-「カレンダーメンテナンス」をクリックします。

    ../../_images/calendar_001.png
  4. 「新規作成」をクリックします。

    ../../_images/calendar_002.png
  5. 以下の内容を入力します。

    ../../_images/calendar_003.png
  6. 日曜日と水曜日のチェックボックスにチェックを入れ、休日を設定します。

    ../../_images/calendar_004.png
  7. 日曜日の表示色プルダウンをクリックし、休日の表示色を変更します。

    ../../_images/calendar_005.png
  8. 色を選択し、「決定」をクリックします。

    ../../_images/calendar_006.png
  9. 他の休日や土曜日も同様に色の変更を行います。
    本書では日曜日と水曜日を赤色に、土曜日を青色に変更しました。
    色の変更が全て完了したら「登録」をクリックします。
    ../../_images/calendar_007.png
  10. カレンダー一覧に「サンプル会社カレンダー」が追加されました。
    「サンプル会社カレンダー」の「マージ設定」アイコンをクリックします。
    ../../_images/calendar_008.png
  11. 「サンプル会社カレンダー」を作成できました。

    ../../_images/calendar_009.png

7.3.2. ステップ2:サンプル会社カレンダーに日本の祝日を表示する

注意

  • ステップ1の続きでハンズオンを行います。
  1. 「サンプル会社カレンダー」の「マージ設定」アイコンをクリックします。

    ../../_images/calendar_008.png
  2. マージ設定 - 日本の日付情報の有効チェックボックスにチェックを入れます。

    ../../_images/calendar_010.png
  3. 日本の祝日とイベントがサンプル会社カレンダーに表示されました。

    ../../_images/calendar_011.png

7.3.3. ステップ3:サンプル会社カレンダーに東京本社の予定を表示する

注意

  • ステップ2の続きでハンズオンを行います。

コラム

サンプル会社の休日である「創立記念日」と、休日に行われる社内イベントの「キックオフ」を、サンプル会社カレンダーに表示します。4/11は月曜日なので本来は出勤日(平日)ですが、創立記念日で会社の休日となるため(休日)に変更します。4/13は水曜日なので本来はサンプル会社の(休日)ですが、キックオフが行われるため出勤日(平日)に変更します。
../../_images/calendar_012.png
  1. マージ設定 - 日付情報セットの「新規作成」アイコンをクリックします。

    ../../_images/calendar_013.png
  2. 以下を入力し、「登録」をクリックします。

    ../../_images/calendar_014.png
  3. マージ設定 - 東京本社の予定の有効チェックボックスにチェックを入れます。

    ../../_images/calendar_015.png
  4. 4/11の「新規作成」アイコンをクリックします。

    ../../_images/calendar_016.png
  5. 以下を選択・入力し、「登録」をクリックします。

    ../../_images/calendar_017.png
  6. 4/11の「創立記念日」が表示されました。

    ../../_images/calendar_018.png
  7. 4/13の「新規作成」アイコンをクリックします。

    ../../_images/calendar_019.png
  8. 以下を選択・入力し、「登録」をクリックします。

    ../../_images/calendar_020.png
  9. 4/13の「キックオフ」が表示されました。

    ../../_images/calendar_021.png
  10. 創立記念日を(休日)、キックオフを(平日)として登録できていることを確認します。
    マージ設定 - 東京本社の予定の「操作メニュー表示」アイコンを右クリックし、「日付情報一覧」をクリックします。
    ../../_images/calendar_042.png
  11. 4/13のキックオフが(平日)として登録されていることを確認できました。「休日」をクリックします。

    ../../_images/calendar_043.png
  12. 4/11の創立記念日が(休日)として登録されていることを確認できました。

    ../../_images/calendar_044.png

7.3.4. ステップ4:サンプル会社カレンダーに中国の祝日と中国工場の予定を表示する

注意

  • ステップ3の続きでハンズオンを行います。

コラム

中国の祝日と、サンプル会社中国工場の「定期点検」をサンプル会社カレンダーに表示します。
../../_images/calendar_022.png
  1. マージ設定 - 日付情報セットの「新規作成」アイコンをクリックします。

    ../../_images/calendar_023.png
  2. 以下を入力し、「登録」をクリックします。

    ../../_images/calendar_024.png
  3. マージ設定 - 中国工場の予定の「操作メニュー表示」アイコンを右クリックし、「日付情報一覧」をクリックします。

    ../../_images/calendar_025.png
  4. 「日付情報を新規作成」をクリックします。

    ../../_images/calendar_026.png
  5. 毎月第2金曜日を「定期点検」として登録します。以下を選択・入力します。

    ../../_images/calendar_027.png
  6. 表示色プルダウンをクリックし、「定期点検」の表示色を選択します。選択が終わったら「決定」をクリックします。

    ../../_images/calendar_028.png
  7. 「登録」をクリックします。

    ../../_images/calendar_029.png
  8. 名称タブに「定期点検」を登録できました。「閉じる」をクリックします。

    ../../_images/calendar_030.png
  9. マージ設定 - 中国の日付情報と中国工場の予定の有効チェックボックスにチェックを入れます。

    ../../_images/calendar_031.png
  10. 中国の祝日とイベント、中国工場の予定が表示されました。

    ../../_images/calendar_032.png
    ../../_images/calendar_033.png

サンプル会社東京本社と中国工場の予定、日本と中国の祝日を設定したカレンダーを作成できました

7.3.5. ステップ5:サンプル会社カレンダーをテナントのデフォルトカレンダーに設定する

注意

  • ステップ4の続きでハンズオンを行います。
  1. 「テナント管理」-「テナント情報」-「カレンダー」をクリックします。

    ../../_images/calendar_034.png
  2. 以下を選択し、「変更」をクリックします。

    ../../_images/calendar_035.png
  3. 「決定」をクリックします。

    ../../_images/calendar_036.png
  4. テナントの全ユーザのデフォルトカレンダーを「サンプル会社カレンダー」に設定しました。

    ../../_images/calendar_037.png

7.3.6. ステップ6:サンプル会社カレンダーをアプリケーションで確認する

コラム

このステップでは、intra-mart Accel Collaboration のスケジュールにサンプル会社カレンダーが表示されることを確認します。

注意

青柳辰巳に intra-mart Accel Collaboration のアプリケーションライセンスが設定されていることを確認してください。確認および設定方法は、「IM-共通マスタ 管理者操作ガイド」-「ユーザ」を参照ください。
  1. 青柳辰巳でログインします。ユーザコード:aoyagi パスワード:aoyagi

    ../../_images/login_aoyagi.png
  2. 「Collaboration」-「スケジュール」をクリックします。

    ../../_images/calendar_038.png
  3. 「個人(月)」をクリックします。

    ../../_images/calendar_039.png
  4. intra-mart Accel Collaboration に「サンプル会社カレンダー」が表示されていることが確認できました。

    ../../_images/calendar_040.png
    ../../_images/calendar_041.png

コラム

このハンズオンでは、下記のポイントが確認できました。

  • カレンダーの作成方法を確認しました。
  • 日付情報の設定方法を確認しました。
  • 日付情報セットの作成方法を確認しました。
  • デフォルトカレンダーの設定方法を確認しました。

コラム

この機能は、「カレンダー」で実現しています。
この設定方法は、「テナント管理者操作ガイド」-「カレンダーをメンテナンスする」を参照してください。

コラム

このハンズオンの流れで作成したカレンダーの完成サンプルを、以下のサイトよりダウンロードできます。