intra-mart Accel Kaiden! GadgetBuilder 設定ガイド 第11版 2022-12-21

5.1. フィールドタイプ

GadgetBuilder定義の「フィールド設定」で設定可能なフィールドタイプについて説明します。

5.1.1. intra-mart Accel Kaiden!標準のフィールドタイプ

本項では、intra-mart Accel Kaiden!で提供しているフィールドタイプと設定方法を説明します。

5.1.1.1. テキストボックス [ type : TEXT ]

属性値 設定値
imeMode IME-MODEを設定します。設定値:[ on / off / disabled ]
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
value 値を設定します。
maxlength 最大文字数を設定します。
title ツールチップの文字列を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
placeholder placeholder属性を設定します。
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click / change ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="TEXT">
  <args>
    <arg key="imeMode"      value="on"/>
    <arg key="class"        value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"     value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"     value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"        value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"     value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"     value="sp_mode_style"/>
    <arg key="value"        value=""/>
    <arg key="maxlength"    value="250"/>
    <arg key="title"        value="title_surface_key"/>
    <arg key="readonly"     value="false"/>
    <arg key="disabled"     value="false"/>
    <arg key="placeholder"  value="targetField"/>
    <arg key="event"        value="change"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/text.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/text_sp.png

5.1.1.2. テキストボックス(数値) [ type : TEXT_NUMERIC ]

属性値 設定値
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
value 値を設定します。
maxlength 最大文字数を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
title ツールチップの文字列を設定します。
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
placeholder placeholder属性を設定します。
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click / change ]
amount 金額のカンマ区切り有無を設定します。設定値:[ true / false ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="TEXT_NUMERIC">
  <args>
    <arg key="class"        value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"     value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"     value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"        value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"     value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"     value="sp_mode_style"/>
    <arg key="value"        value=""/>
    <arg key="maxlength"    value="100"/>
    <arg key="readonly"     value="false"/>
    <arg key="title"        value="title_surface_key"/>
    <arg key="disabled"     value="false"/>
    <arg key="placeholder"  value="targetField"/>
    <arg key="event"        value="change"/>
    <arg key="autoFormat"   value="true"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/text_numeric.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/text_numeric_sp.png

5.1.1.3. テキストボックス(コード) [ type : TEXT_CODE ]

属性値 設定値
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
value 値を設定します。
maxlength 最大文字数を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
title ツールチップの文字列を設定します。
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
placeholder placeholder属性を設定します。
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click / change ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="TEXT_CODE">
  <args>
    <arg key="class"        value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"     value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"     value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"        value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"     value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"     value="sp_mode_style"/>
    <arg key="value"        value=""/>
    <arg key="maxlength"    value="100"/>
    <arg key="readonly"     value="false"/>
    <arg key="title"        value="title_surface_key"/>
    <arg key="disabled"     value="false"/>
    <arg key="placeholder"  value="targetField"/>
    <arg key="event"        value="change"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/text_code.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/text_code_sp.png

5.1.1.4. テキストボックス(日付) [ type : TEXT_DATE ]

属性値 設定値
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
value 値を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
title ツールチップの文字列を設定します。
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
autoFormat 日付自動フォーマット属性を設定します。設定値:[ true / false ]
placeholder placeholder属性を設定します。
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click / change ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="TEXT_DATE">
  <args>
    <arg key="class"        value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"     value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"     value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"        value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"     value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"     value="sp_mode_style"/>
    <arg key="value"        value=""/>
    <arg key="readonly"     value="false"/>
    <arg key="title"        value="title_surface_key"/>
    <arg key="disabled"     value="false"/>
    <arg key="autoFormat"   value="true"/>
    <arg key="placeholder"  value="targetField"/>
    <arg key="event"        value="change"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/text_date.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/text_date_sp.png

コラム

日付自動フォーマットについて
日付自動フォーマット属性に「true」を設定した場合、フォーカスアウト時に次の様なフォーマット変換が行われます。
(次の例はシステム日付が「2017/07/10」の場合の例です。)
入力値 フォーマット値
1 2017/07/01
5 2017/07/05
32 2017/08/01
1/1 2017/01/01
5/5 2017/05/05

5.1.1.5. テキストボックス(時間) [ type : TEXT_TIME ]

属性値 設定値
maxHour 時間の最大値を設定します。
timeFormat
時刻表現を設定します。
省略時は「BaseSettings.xml」の時刻表現(timeFormat)を使用します。
H24:24時までを表現します。
H99:24時以降も表現します。(午前2時は「26時」と表現します。)
minutesUnit 時刻の最小入力単位(分)を設定します。
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
value 値を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
title ツールチップの文字列を設定します。
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
placeholder placeholder属性を設定します。
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click / change ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="TEXT_TIME">
  <args>
    <arg key="maxHour"      value="24"/>
    <arg key="timeFormat"   value="H99"/>
    <arg key="minutesUnit"  value="10"/>
    <arg key="class"        value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"     value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"     value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"        value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"     value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"     value="sp_mode_style"/>
    <arg key="value"        value=""/>
    <arg key="readonly"     value="false"/>
    <arg key="title"        value="title_surface_key"/>
    <arg key="disabled"     value="false"/>
    <arg key="placeholder"  value="targetField"/>
    <arg key="event"        value="change"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/text_time.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/text_time_sp.png

5.1.1.6. テキストボックス(パスワード) [ type : TEXT_PASSWORD ]

属性値 設定値
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
maxlength 最大文字数を設定します。
value 値を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
title ツールチップの文字列を設定します。
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
placeholder placeholder属性を設定します。
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click / change ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="TEXT_PASSWORD">
  <args>
    <arg key="class"        value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"     value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"     value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"        value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"     value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"     value="sp_mode_style"/>
    <arg key="maxlength"    value="100"/>
    <arg key="value"        value=""/>
    <arg key="readonly"     value="false"/>
    <arg key="title"        value="title_surface_key"/>
    <arg key="disabled"     value="false"/>
    <arg key="placeholder"  value="targetField"/>
    <arg key="event"        value="change"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/text_password.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/text_password_sp.png

5.1.1.7. テキストボックス(Hidden) [ type : TEXT_HIDDEN ]

属性値 設定値
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
value 値を設定します。
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click / change ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="TEXT_HIDDEN">
  <args>
    <arg key="class"     value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"  value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"  value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"     value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"  value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"  value="sp_mode_style"/>
    <arg key="value"     value=""/>
    <arg key="event"     value="change"/>
  </args>
</field>
表示状態
表示なし

5.1.1.8. テキストエリア [ type : TEXTAREA ]

属性値 設定値
imeMode IME-MODEを設定します。設定値:[ on / off / disabled ]
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
maxlength 最大文字数を設定します。
value 値を設定します。
cols 横の長さを設定します。
rows 行数を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
title ツールチップの文字列を設定します。
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
placeholder placeholder属性を設定します。
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click / change ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="TEXTAREA">
  <args>
    <arg key="imeMode"      value="on"/>
    <arg key="class"        value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"     value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"     value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"        value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"     value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"     value="sp_mode_style"/>
    <arg key="maxlength"    value="100"/>
    <arg key="value"        value=""/>
    <arg key="cols"         value="5"/>
    <arg key="rows"         value="10"/>
    <arg key="readonly"     value="false"/>
    <arg key="title"        value="title_surface_key"/>
    <arg key="disabled"     value="false"/>
    <arg key="placeholder"  value="targetField"/>
    <arg key="event"        value="change"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/textarea.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/textarea_sp.png

5.1.1.9. チェックボックス [ type : CHECKBOX ]

属性値 設定値
label チェックボックス用のラベルを設定します。
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
value 値を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
title ツールチップの文字列を設定します。
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click / change ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="CHECKBOX">
  <args>
    <arg key="label"     value="targetField"/>
    <arg key="class"     value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"  value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"  value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"     value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"  value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"  value="sp_mode_style"/>
    <arg key="value"     value=""/>
    <arg key="readonly"  value="false"/>
    <arg key="title"     value="title_surface_key"/>
    <arg key="disabled"  value="false"/>
    <arg key="event"     value="click"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/checkbox.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/checkbox_sp.png

コラム

チェックボックス用のラベルはサーフィスキーを設定することで、画面表示時などにサーフィス変換して使用されます。

5.1.1.10. ラジオボタン [ type : RADIO ]

属性値 設定値
label ラジオボタン用のラベルを設定します。
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
value 値を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
title ツールチップの文字列を設定します。
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="RADIO">
  <args>
    <arg key="label"     value="targetField"/>
    <arg key="class"     value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"  value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"  value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"     value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"  value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"  value="sp_mode_style"/>
    <arg key="value"     value=""/>
    <arg key="readonly"  value="false"/>
    <arg key="title"     value="title_surface_key"/>
    <arg key="disabled"  value="false"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/radio.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/radio_sp.png

コラム

ラジオボタン用のラベルはサーフィスキーを設定することで、画面表示時などにサーフィス変換して使用されます。

5.1.1.11. サーフィス [ type : SURFACE ]

属性値 設定値
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="SURFACE">
  <args>
    <arg key="class"     value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"  value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"  value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"     value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"  value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"  value="sp_mode_style"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/surface.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/surface_sp.png

コラム

表示されるサーフィスは、フィールド設定のサーフィスキーを使用します。

5.1.1.12. ファイル [ type : FILE ]

属性値 設定値
multiple 複数ファイルを利用する場合設定します。設定値:[ multiple ]
accept 受け入れるファイル形式を設定します。
url ファイル操作で使用するURLを設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click / change ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="FILE">
  <args>
    <arg key="multiple"  value="multiple"/>
    <arg key="accept"    value="pdf"/>
    <arg key="url"       value=""/>
    <arg key="readonly"  value="false"/>
    <arg key="disabled"  value="false"/>
    <arg key="event"     value="change"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/file.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/file_sp.png

注意

現在、フィールドは配置されますが、データ登録時のファイル操作は行われません。
使用する場合は、登録処理などを実装する必要があります。

5.1.1.13. マスタ検索 [ type : MASTER ]

属性値 設定値
masterId マスタIDを設定します。
extensionId マスタ拡張IDを設定します。
searchType 検索タイプを設定します。設定値:[ search / select ]
viewName 表示フィールドのフィールド名を設定します。(主に名称フィールド)
criteria 検索条件(JSON形式)を設定します。
resultChain 対象選択時に連動する項目を設定します。
resultValue 対象選択時に本フィールドの「value」属性に設定するキーを設定します。
primaryTarget 未選択状態を判定するフィールドの「name」属性を設定します。
refreshTarget 再検索するトリガーとなるフィールドを設定します。
singleList 個別リストデータ生成有無を設定します。設定値:[ true / false ]
imeMode IME-MODEを設定します。設定値:[ on / off / disabled ]
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
value 値を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
title ツールチップの文字列を設定します。
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
placeholder placeholder属性を設定します。
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click / change ]
uniqueListName trueを設定するとリスト名がユニークになるため、各行ごとにリストがユニークになります。
listRefresh
searchTypeが「search」の場合にtrueを設定すると、初回リフレッシュ時にマスタデータをリスト
データ形式で取得し、以降のリフレッシュはリストデータから行います。
サーバーサイドへのアクセスやSQLの実行がなくなるため、レスポンスが改善する場合があります。
ただし、マスタデータが数十万件(環境によって件数は異なります)登録されている場合、初回
リフレッシュ時のデータ量が増大し、ブラウザの処理が遅くなる可能性があります。
また、各明細のデータを検索条件に含んでいる場合は設定できません。
設定値:[ true / false ]
ajaxRefresh
falseを設定すると、初回リフレッシュ時にサーバーサイドへ問い合わせせずに値を確定します。
カスタマイズ用の設定のため、想定通りの動作が実現できるか十分に検証の上ご利用ください。
設定値:[ true / false ]
batchRefresh
trueを設定すると、初期表示時のリフレッシュを、trueが設定されている項目をガジェットごとに
まとめて実施します。
サーバーサイドへのアクセス数が減少するため、レスポンスが改善する場合があります。
設定値:[ true / false ]
設定方法(例)
<field id="targetFieldCd" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="MASTER">
  <args>
    <arg key="masterId"      value="masterId"/>
    <arg key="extensionId"   value="extensionId"/>
    <arg key="searchType"    value="search"/>
    <arg key="viewName"      value="targetFieldName"/>
    <arg key="criteria"      value="{'code':'targetFieldCd','includeBlank':'false'}"/>
    <arg key="resultChain"   value="{'targetFieldCd':'code','targetFieldName':'name'}"/>
    <arg key="resultValue"   value="name"/>
    <arg key="primaryTarget" value="targetFieldCd"/>
    <arg key="refreshTarget" value=""/>
    <arg key="class"         value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"      value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"      value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"         value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"      value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"      value="sp_mode_style"/>
    <arg key="title"         value="title_surface_key"/>
    <arg key="placeholder"   value="targetField"/>
    <arg key="event"         value="change"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/master.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/master_sp.png

コラム

「listRefresh」、「ajaxRefresh」、「batchRefresh」はいずれかを指定してください。
標準ガジェットでは、「batchRefresh」を設定しています。

5.1.1.14. ボタン [ type : BUTTON ]

属性値 設定値
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
value 値を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="BUTTON">
  <args>
    <arg key="class"     value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"  value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"  value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"     value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"  value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"  value="sp_mode_style"/>
    <arg key="value"     value="targetField"/>
    <arg key="readonly"  value="false"/>
    <arg key="disabled"  value="false"/>
    <arg key="event"     value="click"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/button.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/button_sp.png

コラム

ボタンは、詳細画面ではフィールドを生成せず非表示の仕様です。
詳細画面でボタンを表示する設定はありません。

5.1.1.15. アイコン [ type : ICON ]

属性値 設定値
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
text アイコン横の文字列を設定します。
sprite アイコン用のCSSSpriteを設定します。
title ツールチップの文字列を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="ICON">
  <args>
    <arg key="class"     value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"  value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"  value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"     value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"  value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"  value="sp_mode_style"/>
    <arg key="text"      value="text_surface_key"/>
    <arg key="sprite"    value="im-ui-icon-common-16-settings"/>
    <arg key="title"     value="title_surface_key"/>
    <arg key="readonly"  value="false"/>
    <arg key="disabled"  value="false"/>
    <arg key="event"     value="click"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/icon.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/icon_sp.png

コラム

アイコン横の文字列、ツールチップの文字列はサーフィスキーを設定することで、
画面表示時などにサーフィス変換して使用されます。

5.1.1.16. アンカー [ type : ANCHOR ]

属性値 設定値
class
class属性の値を設定します。
class_pc、class_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
class_pc PCモードで使用するclass属性の値を設定します。
class_sp SP(スマートフォン)モードで使用するclass属性の値を設定します。
style
style属性の値を設定します。
style_pc、style_spが設定されている場合は、各モードの設定が優先されます。
style_pc PCモードで使用するstyle属性の値を設定します。
style_sp SP(スマートフォン)モードで使用するstyle属性の値を設定します。
text アンカー用の文字列を設定します。
readonly readonly属性を設定します。設定値:[ true / false ]
disabled disabled属性を設定します。設定値:[ true / false ]
event 補完処理の実行タイミングを追加設定します。設定値:[ click ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="ANCHOR">
  <args>
    <arg key="class"     value="common_class"/>
    <arg key="class_pc"  value="pc_mode_class"/>
    <arg key="class_sp"  value="sp_mode_class"/>
    <arg key="style"     value="common_style"/>
    <arg key="style_pc"  value="pc_mode_style"/>
    <arg key="style_sp"  value="sp_mode_style"/>
    <arg key="text"      value="text_surface_key"/>
    <arg key="readonly"  value="false"/>
    <arg key="disabled"  value="false"/>
    <arg key="event"     value="click"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/anchor.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/anchor_sp.png

コラム

アンカー用の文字列はサーフィスキーを設定することで、画面表示時などにサーフィス変換して使用されます。

5.1.1.17. 操作パネル [ type : PANEL ]

属性値 設定値
header ヘッダー用の操作パネル表示有無を設定します。設定値:[ true / false ]
headerAllowAdd ヘッダー用の操作パネルでの追加操作可否を設定します。設定値:[ true / false ]
headerAllowDel ヘッダー用の操作パネルでの削除操作可否を設定します。設定値:[ true / false ]
detail 明細用の操作パネル表示有無を設定します。設定値:[ true / false ]
detailAllowAdd 明細用の操作パネルでの追加操作可否を設定します。設定値:[ true / false ]
detailAllowDel 明細用の操作パネルでの削除操作可否を設定します。設定値:[ true / false ]
設定方法(例)
<field id="targetField" surfaceKey="targetField" requiredType="INHERIT" inputType="INHERIT" type="PANEL">
  <args>
    <arg key="header"         value="true"/>
    <arg key="headerAllowAdd" value="true"/>
    <arg key="headerAllowDel" value="true"/>
    <arg key="detail"         value="true"/>
    <arg key="detailAllowAdd" value="true"/>
    <arg key="detailAllowDel" value="true"/>
  </args>
</field>
表示状態
  • PC
../../../_images/panel.png
  • SP(スマートフォン)
../../../_images/panel_sp.png

5.1.1.18. DTO値 [ type : DTO ]

設定方法(例)
<field id="searchCriteriaCompany" surfaceKey="searchCriteriaCompany" requiredType="ALWAYS_ANY" inputType="INHERIT" type="DTO"/>
表示状態
表示なし

コラム

画面表示用のDTOの変数と同じフィールドIDの場合に、DTOから値を取得するフィールドを生成します。
申請書ガジェットの場合は次の値が使用可能です。
名称 フィールドID
ページパスID pagePathId
グループID(IMW) imwGroupId
処理者CD(IMW) imwUserCode
画面種別(IMW) imwPageType
ユーザデータID(IMW) imwUserDataId
システム案件ID(IMW) imwSystemMatterId
処理対象ノードID(IMW) imwNodeId
到達種別(IMW) imwArriveType
権限者CD(IMW) imwAuthUserCode
申請基準日(IMW) imwApplyBaseDate
フローID(IMW) imwFlowId
フローバージョンID(IMW) imwFlowVersionId
コンテンツID(IMW) imwContentsId
コンテンツバージョンID(IMW) imwContentsVersionId
ルートID(IMW) imwRouteId
ルートバージョンID(IMW) imwRouteVersionId
呼出元パラメータ(IMW) imwCallOriginalParams
呼出元ページパス(IMW) imwCallOriginalPagePath
検索基準会社コード searchCriteriaCompany
検索基準会社名 searchCriteriaCompanyName
申請基準日 searchCriteriaDate
申請権限者名 applyAuthUserName
申請処理者名 applyUserName
案件名 matterName
案件名ビューモード matterNameViewMode
案件番号 matterNumber
申請組織セットコード applyDepartmentSetCd
申請組織コード applyDepartmentCd
申請組織名 applyDepartmentName
フロー名 flowName
代理フラグ actFlag
申請者名(代理申請者) authUserAndActUserName
申請権限者コード applyAuthUserCd
換算額計算丸めモード amountConvertRoundMode
会社通貨コード companyCurrencyCd
印刷ボタン表示設定フラグ printDispFlag
台紙印刷ボタン表示設定フラグ pasteBordDispFlag
申請書タイプ appType

5.1.1.19. 予備タイプA~J [ type : EXTENSION_A~J ]

コラム

本タイプはカスタマイズ用となります。(カスタマイズ時に属性値を決定してください。)