IM-FormaDesigner for Accel Platform IM-FormaDesigner 仕様書 第11版 2021-08-01

8.1. IMFR添付ファイル削除

8.1.1. ジョブ概要

ファイルの作成日時が、設定値より前である不要なファイルの削除を行うジョブです。
ファイルは以下を指します。
  • 画面アイテム「ファイルアップロード」の一時ファイル
    画面アイテム「ファイルアップロード」は、ファイル添付後一時ファイルを作成します。
    「登録」や「申請」を行わずに他の画面に遷移すると、一時ファイルは削除されずに残ります。
    案件が完了しても一時ファイルは削除されないため、定期的に削除する必要があります。
  • 画面アイテム「ファイルアップロード」の削除ファイル
    承認・更新画面でファイルを削除し、「更新」や「承認」を実行すると、ファイルは一時的に削除ファイルとして扱われます。
    この際に、削除されたファイルに関する「imfr_t_fileupload」のデータは削除されますが、エラー発生時のロールバックを考慮して、削除ファイルとしてファイルデータは残ります。
    案件が完了しても削除ファイルは削除されないため、定期的に削除する必要があります。

8.1.2. 実行パラメータ

  • ジョブに指定するパラメータリストです。

    キー 名前 必須 デフォルト値
    protectedPeriod 1 猶予期間   1


  • protectedPeriod(猶予期間)
    ファイル作成後、削除を猶予する日数を指定します。
    ファイルの作成日時から設定値を経過しているファイルを削除します。

8.1.3. ジョブネット

  • このジョブが使用するジョブネットです。

    IMFR添付ファイル削除