IM-FormaDesigner for Accel Platform 作成者 操作ガイド 第25版 2021-04-01

7.2. IM-FormaDesigner のWF連携の応用

IM-FormaDesigner のWF連携について、各機能を組み合わせた利用方法の例をご紹介します。

7.2.1. 特定の承認ノードにおいて、特定の項目を入力必須とする

ワークフローのルート上にある特定の承認ノードにおいて、特定の項目(画面アイテム)を入力必須とします。
特定の承認ノード以外では、参照項目とします。
特定の承認ノードにおいて、特定の項目に値を入力するには、他の承認画面とは別に承認画面を作成する必要があります。
「フォームの再利用」機能を利用することで簡易に作成できます。

7.2.1.1. 利用する機能

  • フォームの再利用
  • フォーム画面遷移
  • WF連携-承認画面設定

7.2.1.2. 設定手順

  • 前提条件

    • 承認ノードの画面(メインフォーム)を作成していること
    • 作成済みの承認ノードの画面で配置した特定の項目のプロパティには、以下の内容を設定していること
      • 表示タイプ:承認、参照 → 参照
      • 入力チェック:必須入力チェック → 指定なし(チェックボックスがオフ)
  • 手順

    • 「アプリ一覧」-{対象のアプリケーション名}-「フォーム設定」画面に遷移します。

      ../_images/imw_faq_1.png
    • 「アプリケーション履歴一覧」から「編集」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2.png
    • 「フォーム一覧」画面の「登録」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_3.png
    • 「フォーム名」に名称を入力し、「登録」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_4.png
    • 「フォーム・デザイナ」画面で「再利用」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_5.png
    • 事前に作成しておいたフォームの「選択」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_6.png
    • 選択したフォームのレイアウトが、新たに追加したフォームにコピーされます。

      ../_images/imw_faq_7.png
    • コピーされたフォーム上の入力必須とする画面アイテムのプロパティを以下の内容に変更します。

      • 表示タイプ:承認 → 入力可

        ../_images/imw_faq_8.png
      • 入力チェック:必須入力チェック → あり(チェックボックスをオンにする)

        ../_images/imw_faq_9.png
    • 「更新」をクリックして、フォームデータを保存します。

      ../_images/imw_faq_10.png
    • 上記作成したフォームを、参照画面遷移へ登録します。
      「フォーム遷移一覧」画面に遷移し、「参照画面遷移」の「追加」をクリックします。
      ../_images/imw_faq_11.png
    • 「フォーム遷移名」に名称を設定して「登録」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_12.png
    • 「追加」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_13.png
    • 手順で作成したフォームの選択をクリックします。

      ../_images/imw_faq_14.png
    • 「更新」をクリックしてフォーム遷移情報を保存します。

      ../_images/imw_faq_15.png
    • 「WF連携設定」画面で「編集」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_16.png
    • 「承認画面設定」画面で「登録」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_17.png
    • フローIDの右の虫眼鏡のアイコンをクリックします。

      ../_images/imw_faq_18.png
    • フローの「選択」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_19.png
    • 入力必須の項目を利用する特定の承認ノードを選択します。
      ノード名を選択し、「決定」をクリックします。
      ../_images/imw_faq_20.png
    • 「参照遷移」に「フォーム遷移一覧」画面で設定した「フォーム遷移名」を選択します。

      ../_images/imw_faq_21.png
    • 「登録」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_22.png
    • 以上で、承認ノードに対する入力チェックを行うための設定が完了しました。

      ../_images/imw_faq_23.png
    • 実行時には、承認ノードで以下の画面のようにチェックが実行されます。

      ../_images/imw_faq_24.png

7.2.2. 承認者が入力した特定の項目の値を案件プロパティとして利用する

承認ノードで画面アイテムに入力した値を案件プロパティとして登録し、ワークフローの分岐条件で利用する設定方法です。

画面アイテムに値を入力する方法は、以下の2つがあります。

7.2.2.1. 利用する機能

  • フォームの再利用
  • フォーム画面遷移
  • WF連携-承認画面設定
  • 表示タイプ(画面アイテム-プロパティ)

7.2.2.2. ワークフロー上の全ての承認ノードで該当の画面アイテムに値を入力する方法

ワークフローのルート上にある全ての承認ノードにおいて、表示タイプを「入力可」に変更します。
画面アイテムのプロパティ設定後、WF連携設定にて、案件プロパティに設定します。
  • 前提条件

    • 申請ノード・承認ノードで利用する画面(メインフォーム)を作成していること
  • 手順

    • 「アプリケーション一覧」-{対象のアプリケーション名}-「フォーム設定」画面に遷移します。

      ../_images/imw_faq_2_1.png
    • 「アプリケーション履歴一覧」から「編集」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_2.png
    • 対象フォームの「フォーム編集」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_3.png
    • 承認ノードで入力・更新を行う画面アイテムのプロパティを変更します。

      • 表示タイプ:承認 → 入力可

        ../_images/imw_faq_2_4.png

    コラム

    • 表示タイプ:申請・再申請・参照について

      該当ノードで、画面アイテムを入力・更新をさせない場合は「参照」に設定します。
      該当ノードで、画面アイテムを項目自体を表示させない場合は「非表示」に設定します。

7.2.2.3. ワークフロー上の特定の承認ノードで該当の画面アイテムに値を入力する方法

ワークフローのルート上にある特定の承認ノードにおいて、表示タイプを「入力可」に変更します。
画面アイテムのプロパティ設定後、WF連携設定にて、案件プロパティに設定します。
特定の承認ノードにおいて値を入力するには、他の承認画面と別に承認画面を作成する必要があります。
「フォームの再利用」機能を利用することで簡易に作成できます。
  • 前提条件

    • 申請ノード・承認ノードで利用する画面(メインフォーム)を作成していること
    • 作成済みの承認ノードの画面で配置した項目のプロパティには、以下の内容を設定していること
      • 表示タイプ:承認 → 参照
  • 手順

    • 「アプリケーション一覧」-{対象のアプリケーション名}-「フォーム設定」画面に遷移します。

      ../_images/imw_faq_2_5.png
    • 「アプリケーション履歴一覧」から「編集」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_6.png
    • 特定の承認ノードで利用する画面(メインフォーム)を作成します。
      「フォーム一覧」画面の「登録」をクリックします。
      ../_images/imw_faq_2_7.png
    • 「フォーム名」に名称を入力し、「登録」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_8.png
    • 「フォーム・デザイナ」画面で「再利用」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_9.png
    • 事前に作成しておいたフォームの「選択」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_10.png
    • 選択したフォームのレイアウトが、新たに追加したフォームにコピーされます。

      ../_images/imw_faq_2_11.png
    • コピーされたフォーム上で対象の画面アイテムのプロパティを以下の内容に変更します。

      • 表示タイプ:承認 → 入力可

        ../_images/imw_faq_2_12.png
    • 「更新」をクリックして、フォームデータを保存します。

      ../_images/imw_faq_2_13.png
    • 上記作成したフォームを、参照画面遷移へ登録します。
      「フォーム遷移一覧」画面に遷移し、「参照画面遷移」の「追加」をクリックします。
      ../_images/imw_faq_2_14.png
    • 「フォーム遷移名」に名称を入力して「登録」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_15.png
    • 「追加」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_16.png
    • 上記手順で作成したフォームを選択します。

      ../_images/imw_faq_2_17.png
    • 「更新」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_18.png
    • 「WF連携設定」画面で編集をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_19.png
    • 「承認画面設定」画面で「登録」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_20.png
    • フローIDの右の虫眼鏡のアイコンをクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_21.png
    • フローの「選択」をクリックします。

      ../_images/imw_faq_2_22.png
    • 特定の承認ノードを選択します。
      ノード名を選択し、「決定」をクリックします。
      ../_images/imw_faq_2_23.png
    • 「参照遷移」に「フォーム遷移一覧」画面で設定した「フォーム遷移名」を選択します。

      ../_images/imw_faq_2_24.png
    • 「登録」をクリックすると、設定完了です。
      ../_images/imw_faq_2_25.png

7.2.2.4. フォームの項目を案件プロパティに設定する手順

上記の手順で登録したフォームの項目と案件プロパティをWF連携設定を行うことによって、承認ノードで案件プロパティの値を設定できます。

コラム

  • 案件プロパティは登録したフローとノードの処理が行われたタイミングで値の登録・更新を行います。
  • 事前に、案件プロパティを登録します。

    ../_images/property.png
  • 「WF連携設定」をクリックします。

    ../_images/property_1.png
  • 連携情報の「編集」をクリックします。

    ../_images/property_2.png
  • 「案件プロパティ設定」をクリックします。

    ../_images/property_3.png
  • 「登録」をクリックします。

    ../_images/property_4.png
  • フローIDの右の虫眼鏡のアイコンをクリックします。

    ../_images/property_5.png
  • フローの「選択」をクリックします。

    ../_images/property_6.png
  • ノード名を選択し、「決定」をクリックします。

    ../_images/property_7.png

    注意

    全ての承認ノードで該当の画面アイテムに値を入力する方法 の場合、全てのノードを指定してください。
    特定の承認ノードで該当の画面アイテムに値を入力する方法 の場合、特定のノードを指定してください。
  • 「案件プロパティキー」に登録済みの案件プロパティを選択します。

    ../_images/property_8.png
  • 「項目ID」に案件プロパティと連携するフォームの項目(フィールド識別ID/アイテム名)を選択します。

    ../_images/property_9.png
  • 「登録」をクリックして設定内容を保存します。

    ../_images/property_10.png
  • 以上で、案件プロパティとフォームの項目を連携するための設定ができました。

    ../_images/property_11.png