IM-BloomMaker for Accel Platform IM-BloomMaker ユーザ操作ガイド 第9版 2022-06-01

10.2. 設計書出力のテンプレート

設計書出力で使用するテンプレートの配置場所と、テンプレートの書き方の説明です。

10.2.1. テンプレートファイルの配置場所

設計書出力のテンプレートファイルは、パブリックストレージに配置します。
テナント環境セットアップ直後では、テナント設定で選択可能なロケール分のテンプレートファイルが配置されています。
%PUBLIC_STORAGE_PATH%/im_bloommaker/template/development/default_template_%LOCALE%.xlsx

10.2.2. テンプレートのシート一覧

設計書出力のテンプレートファイルでは、以下のシートを用意してください。

10.2.3. セルで使用可能な特殊文字列

テンプレートファイルの各セルにおいて、以下の特殊文字列を使用すると、各文字列に応じて動的にセル・行の内容を変更します。

  • %{%MSG%}

    メッセージプロパティから、%MSG% に該当するメッセージに置き換えます。
  • ${%VAR%}

    設計書出力用の変数 %VAR% に格納されている値に置き換えます。
    使用可能な変数は、各シートごとに異なります。 詳細は後述の項を参照してください。
  • <IMFOR:%VAR%></IMFOR>

    変数 %VAR% の値が「配列型」の場合、配列の件数分繰り返して出力します。
    繰り返す範囲は、<IMFOR> があるセルの行から、対となる </IMFOR> があるセルの行までです。
    セル位置は関係なく、行単位でコピーします。
  • <IMIF_NULL:%VAR%></IMIF>

    変数 %VAR% の値が <データなし> の場合、行を出力します。
    出力する範囲は、<IMIF> があるセルの行から、対となる </IMIF> があるセルの行までです。
    セル位置は関係なく、行単位で出力します。
  • <IMIF_NOTNULL:%VAR%></IMIF>

    変数 %VAR% の値が <データなし> 以外の場合、行を出力します。
    出力する範囲は、<IMIF> があるセルの行から、対となる </IMIF> があるセルの行までです。
    セル位置は関係なく、行単位で出力します。
  • <IMIF_BLANK:%VAR%></IMIF>

    変数 %VAR% の値が <データなし>、空文字、空配列のいずれかの場合、行を出力します。
    出力する範囲は、<IMIF> があるセルの行から、対となる </IMIF> があるセルの行までです。
    セル位置は関係なく、行単位で出力します。
  • <IMIF_NOTBLANK:%VAR%></IMIF>

    変数 %VAR% の値が <データなし>、空文字、空配列のいずれでもない場合、行を出力します。
    出力する範囲は、<IMIF> があるセルの行から、対となる </IMIF> があるセルの行までです。
    セル位置は関係なく、行単位で出力します。
  • <IMIF_TRUE:%VAR%></IMIF>

    変数 %VAR% の値が true の場合、行を出力します。
    出力する範囲は、<IMIF> があるセルの行から、対となる </IMIF> があるセルの行までです。
    セル位置は関係なく、行単位で出力します。
  • <IMIF_FALSE:%VAR%></IMIF>

    変数 %VAR% の値が false の場合、行を出力します。
    出力する範囲は、<IMIF> があるセルの行から、対となる </IMIF> があるセルの行までです。
    セル位置は関係なく、行単位で出力します。
  • <IMREP:%VAR%>%STR%</IMREP>

    変数 %VAR% の値が「数値型」の場合、数値の回数分 %STR% の内容に置き換えます。
  • <IMPIC:%VAR%></IMPIC>

    変数 %VAR% の値が「イメージ型」の場合、画像を出力します。

10.2.4. COVER シート

設計書の表紙です。

  • 使用可能な変数

    変数名 説明
    CONTENT_ID 文字列 コンテンツID
    CONTENT_VERSION 数値 コンテンツバージョン
    CONTENT_NAME 文字列 コンテンツ名(標準)
    CONTENT_NAME_LOCALIZE 配列 コンテンツ名(多言語)
    ┗ LOCALE_ID 文字列 ロケールID
    ┗ LOCALE_NAME 文字列 ロケール名
    ┗ LOCALIZED 文字列 コンテンツ名(各言語)
    CONTENT_DESCRIPTION 文字列 コンテンツの備考(標準)
    CONTENT_DESCRIPTION_LOCALIZE 配列 コンテンツの備考(多言語)
    ┗ LOCALE_ID 文字列 ロケールID
    ┗ LOCALE_NAME 文字列 ロケール名
    ┗ LOCALIZED 文字列 コンテンツの備考(各言語)
    CONTENT_CATEGORY_ID 文字列 コンテンツカテゴリID
    CONTENT_CATEGORY_NAME 文字列 コンテンツカテゴリ名(標準)
    CONTENT_CATEGORY_NAME_LOCALIZE 配列 コンテンツカテゴリ名(多言語)
    ┗ LOCALE_ID 文字列 ロケールID
    ┗ LOCALE_NAME 文字列 ロケール名
    ┗ LOCALIZED 文字列 コンテンツカテゴリ名(各言語)
    CONTENT_CATEGORY_DESCRIPTION 文字列 コンテンツカテゴリの備考(標準)
    CONTENT_CATEGORY_DESCRIPTION_LOCALIZE 配列 コンテンツカテゴリの備考(多言語)
    ┗ LOCALE_ID 文字列 ロケールID
    ┗ LOCALE_NAME 文字列 ロケール名
    ┗ LOCALIZED 文字列 コンテンツカテゴリの備考(各言語)
    CONTENT_CREATE_USER_CD 文字列 コンテンツ定義の作成者ユーザコード
    CONTENT_CREATE_USER_NAME 文字列 コンテンツ定義の作成者ユーザ名
    CONTENT_CREATE_DATE 日時 コンテンツ定義の作成日時
    CONTENT_CREATE_DATETIME 文字列 コンテンツ定義の作成日時(文字列)
    CONTENT_UPDATE_USER_CD 文字列 コンテンツ定義の更新者ユーザコード
    CONTENT_UPDATE_USER_NAME 文字列 コンテンツ定義の更新者ユーザ名
    CONTENT_UPDATE_DATE 日時 コンテンツ定義の更新日時
    CONTENT_UPDATE_DATETIME 文字列 コンテンツ定義の更新日時(文字列)

10.2.5. SUMMARY シート

コンテンツ定義の基本情報を出力します。

  • 使用可能な変数

    COVER シート」と同じ変数が使用できます。

10.2.6. CONTAINER シート

コンテナを出力します。

  • 使用可能な変数

    下記に加えて、「COVER シート」と同じ変数が使用できます。
    変数名 説明
    CONTAINER_PROPERTIES 配列
    コンテナのプロパティ
    ※CSSを除く
    ┗ PROPERTY_KEY 文字列 プロパティのキー名
    ┗ PROPERTY_NAME 文字列 プロパティの表示名
    ┗ PROPERTY_LABEL 文字列 プロパティの設定値(表示用)
    ┗ PROPERTY_VALUE 文字列 プロパティの設定値(生の値)
    CONTAINER_CSS 文字列 コンテナに設定されているCSS

10.2.7. CONTAINER_PAGE シート

コンテナページと、配下のエレメントを出力します。

  • 使用可能な変数

    下記に加えて、「COVER シート」と同じ変数が使用できます。
    変数名 説明
    CONTAINER_PAGE_UUID 文字列 コンテナページの内部UUID
    CONTAINER_PAGE_IMAGE イメージ コンテナページのスクリーンショット
    CONTAINER_PAGE_NAME 文字列 コンテナページの名前
    ELEMENT_ROOT 配列 コンテナページの定義
    ELEMENT_NO 数値 管理番号(常に1)
    ┗ ELEMENT_UUID 文字列 エレメントの内部UUID
    ┗ ELEMENT_DEPTH 数値 エレメントの深さ(常に0)
    ┗ ELEMENT_TYPE 文字列 エレメントの種別ID
    ┗ ELEMENT_TYPE_NAME 文字列 エレメントの種別名
    ┗ ELEMENT_PROPERTIES 配列 エレメントのプロパティ
       ┗ PROPERTY_KEY 文字列 プロパティのキー名
       ┗ PROPERTY_NAME 文字列 プロパティの表示名
       ┗ PROPERTY_LABEL 文字列 プロパティの設定値(表示用)
       ┗ PROPERTY_VALUE 文字列 プロパティの設定値(生の値)
    ELEMENTS 配列 コンテナページ配下の、エレメントの定義
    ELEMENT_NO 数値 管理番号
    ┗ ELEMENT_UUID 文字列 エレメントの内部UUID
    ┗ ELEMENT_DEPTH 数値 エレメントの深さ
    ┗ ELEMENT_TYPE 文字列 エレメントの種別ID
    ┗ ELEMENT_TYPE_NAME 文字列 エレメントの種別名
    ┗ ELEMENT_PROPERTIES 配列 エレメントのプロパティ
       ┗ PROPERTY_KEY 文字列 プロパティのキー名
       ┗ PROPERTY_NAME 文字列 プロパティの表示名
       ┗ PROPERTY_LABEL 文字列 プロパティの設定値(表示用)
       ┗ PROPERTY_VALUE 文字列 プロパティの設定値(生の値)

10.2.8. VARIABLE シート

変数定義と、エイリアス定義を出力します。

  • 使用可能な変数

    下記に加えて、「COVER シート」と同じ変数が使用できます。
    変数名 説明
    VARIABLE_ROOT 配列 変数のルート
    ┗ VARIABLE_UUID 文字列 プロパティの内部UUID
    ┗ VARIABLE_DEPTH 数値 プロパティの深さ(常に0)
    ┗ VARIABLE_NAME 文字列 プロパティのキー名
    ┗ VARIABLE_TYPE 文字列 プロパティの型ID
    ┗ VARIABLE_TYPE_NAME 文字列 プロパティの型名
    ┗ VARIABLE_VALUE 文字列 プロパティの生の値
    ┗ VARIABLE_VALIDATION_NUMS 文字列 プロパティの入力規則番号
    VARIABLES 配列 変数のルート配下
    ┗ VARIABLE_UUID 文字列 プロパティの内部UUID
    ┗ VARIABLE_DEPTH 数値 プロパティの深さ
    ┗ VARIABLE_NAME 文字列 プロパティのキー名
    ┗ VARIABLE_TYPE 文字列 プロパティの型ID
    ┗ VARIABLE_TYPE_NAME 文字列 プロパティの型名
    ┗ VARIABLE_VALUE 文字列 プロパティの生の値
    ┗ VARIABLE_VALIDATION_NUMS 文字列 プロパティの入力規則番号
    CONSTANT_ROOT 配列 定数のルート
    ┗ VARIABLE_UUID 文字列 プロパティの内部UUID
    ┗ VARIABLE_DEPTH 数値 プロパティの深さ(常に0)
    ┗ VARIABLE_NAME 文字列 プロパティのキー名
    ┗ VARIABLE_TYPE 文字列 プロパティの型ID
    ┗ VARIABLE_TYPE_NAME 文字列 プロパティの型名
    ┗ VARIABLE_VALUE 文字列 プロパティの生の値
    ┗ VARIABLE_VALIDATION_NUMS 文字列 プロパティの入力規則番号
    CONSTANTS 配列 定数のルート配下
    ┗ VARIABLE_UUID 文字列 プロパティの内部UUID
    ┗ VARIABLE_DEPTH 数値 プロパティの深さ
    ┗ VARIABLE_NAME 文字列 プロパティのキー名
    ┗ VARIABLE_TYPE 文字列 プロパティの型ID
    ┗ VARIABLE_TYPE_NAME 文字列 プロパティの型名
    ┗ VARIABLE_VALUE 文字列 プロパティの生の値
    ┗ VARIABLE_VALIDATION_NUMS 文字列 プロパティの入力規則番号
    INPUT_ROOT 配列 入力のルート
    ┗ VARIABLE_UUID 文字列 プロパティの内部UUID
    ┗ VARIABLE_DEPTH 数値 プロパティの深さ(常に0)
    ┗ VARIABLE_NAME 文字列 プロパティのキー名
    ┗ VARIABLE_TYPE 文字列 プロパティの型ID
    ┗ VARIABLE_TYPE_NAME 文字列 プロパティの型名
    ┗ VARIABLE_VALUE 文字列 プロパティの生の値
    ┗ VARIABLE_VALIDATION_NUMS 文字列 プロパティの入力規則番号
    INPUTS 配列 入力のルート配下
    ┗ VARIABLE_UUID 文字列 プロパティの内部UUID
    ┗ VARIABLE_DEPTH 数値 プロパティの深さ
    ┗ VARIABLE_NAME 文字列 プロパティのキー名
    ┗ VARIABLE_TYPE 文字列 プロパティの型ID
    ┗ VARIABLE_TYPE_NAME 文字列 プロパティの型名
    ┗ VARIABLE_VALUE 文字列 プロパティの生の値
    ┗ VARIABLE_VALIDATION_NUMS 文字列 プロパティの入力規則番号
    ALIASES 配列 エイリアス
    ┗ ALIAS_NAME 文字列 エイリアスの名前
    ┗ ALIAS_TARGET 文字列 エイリアスの対象パス
    VARIABLE_VALIDATION_MESSAGES 配列 入力規則
    ┗ MESSAGE 文字列 入力規則の詳細

10.2.9. I18N シート

多言語定義を出力します。

  • 使用可能な変数

    下記に加えて、「COVER シート」と同じ変数が使用できます。
    変数名 説明
    I18N_LIST 配列 多言語定義
    ┗ I18N_UUID 文字列 多言語定義の内部UUID
    ┗ I18N_KEY 文字列 多言語定義のキー名
    ┗ I18N_TEXT 文字列 多言語定義のテキスト(標準)
    ┗ I18N_TEXT_LOCALIZE 配列 多言語定義のテキスト(多言語)
       ┗ LOCALE_ID 文字列 ロケールID
       ┗ LOCALE_NAME 文字列 ロケール名
       ┗ LOCALIZED 文字列 備考(各言語)

10.2.10. ACTION シート

アクション定義を出力します。

  • 使用可能な変数

    下記に加えて、「COVER シート」と同じ変数が使用できます。
    変数名 説明
    ACTIONS 配列 アクション定義
    ┗ ACTION_UUID 文字列 アクション定義の内部UUID
    ┗ ACTION_NAME 文字列 アクション定義の名称
    ┗ ACTION_ITEMS 配列 アクションが実行されたときに実行するアクション
       ┗ ACTION_ITEM_UUID 文字列 アクションアイテムの内部UUID
       ┗ ACTION_ITEM_COMMENT 文字列 アクションアイテム内部のテキストエリアに記述したコメント
       ┗ ACTION_ITEM_ACTIVE 真偽値 アクションアイテムが有効の場合は true、それ以外は false
       ┗ ACTION_ITEM_TYPE 文字列 アクションアイテムの種別ID
       ┗ ACTION_ITEM_LABEL 文字列 アクションアイテムの表示用ラベル
       ┗ ACTION_ITEM_LAST 真偽値 最後のアクションアイテムの場合は true、それ以外は false
       ┗ ACTION_PARAMETERS 配列
    アクションパラメータ(必須)
    ※スクリプトタイプを除く
          ┗ ACTION_PARAMETER_KEY 文字列 パラメータキー
          ┗ ACTION_PARAMETER_TYPE 文字列 パラメータの型ID
          ┗ ACTION_PARAMETER_NAME 文字列 パラメータの名称
          ┗ ACTION_PARAMETER_REQUIRED 真偽値 パラメータが必須の場合は true、任意の場合は false
          ┗ ACTION_PARAMETER_LABEL 文字列 パラメータの設定値(表示用)
          ┗ ACTION_PARAMETER_VALUE 文字列 パラメータの設定値(生の値)
       ┗ ACTION_PARAMETERS_OPTIONAL 配列 アクションパラメータ(任意)
          ┗ ... - ACTION_PARAMETERS の配下と同一
       ┗ ACTION_PARAMETERS_SCRIPT 配列 スクリプトタイプのパラメータ値
          ┗ ... - ACTION_PARAMETERS の配下と同一
       ┗ ACTION_PARAMETERS_ALL 配列 全てのパラメータ値
          ┗ ... - ACTION_PARAMETERS の配下と同一
       ┗ ACTION_CONDITION_AND 真偽値
    実行条件が2件以上、かつ、全ての実行条件を満たすとき、アクションアイテムを実行する場合は true
    上記以外は false
       ┗ ACTION_CONDITION_OR 真偽値
    実行条件が2件以上、かつ、いずれかの実行条件を満たすとき、アクションアイテムを実行する場合は true
    上記以外は false
       ┗ ACTION_CONDITIONS 配列 実行条件
          ┗ ACTION_CONDITION_UUID 文字列 実行条件の内部UUID
          ┗ ACTION_CONDITION_TYPE 文字列 実行条件の種別ID
          ┗ ACTION_CONDITION_LABEL 文字列 実行条件の表示用ラベル
          ┗ ACTION_PARAMETERS 配列 アクションアイテム側と同一
          ┗ ACTION_PARAMETERS_OPTIONAL 配列 アクションアイテム側と同一
          ┗ ACTION_PARAMETERS_SCRIPT 配列 アクションアイテム側と同一
          ┗ ACTION_PARAMETERS_ALL 配列 アクションアイテム側と同一
    ┗ ACTION_ERROR_ITEMS 配列 エラーが発生したときに実行するアクション
       ┗ ... - ACTION_ITEMS の配下と同一

10.2.11. ROUTING シート

コンテンツ定義を使用しているルーティング定義を出力します。

  • 使用可能な変数

    下記に加えて、「COVER シート」と同じ変数が使用できます。
    変数名 説明
    ROUTES 配列 ルーティング定義
    ┗ ROUTE_ID 文字列 ルーティングID
    ┗ ROUTE_NAME 文字列 ルーティング名(標準)
    ┗ ROUTE_NAME_LOCALIZE 配列 ルーティング名(多言語)
       ┗ LOCALE_ID 文字列 ロケールID
       ┗ LOCALE_NAME 文字列 ロケール名
       ┗ LOCALIZED 文字列 ルーティング名(各言語)
    ┗ ROUTE_DESCRIPTION 文字列 ルーティングの備考(標準)
    ┗ ROUTE_DESCRIPTION_LOCALIZE 配列 ルーティングの備考(多言語)
       ┗ LOCALE_ID 文字列 ロケールID
       ┗ LOCALE_NAME 文字列 ロケール名
       ┗ LOCALIZED 文字列 ルーティングの備考(各言語)
    ┗ CONTENT_VERSION 数値 コンテンツ定義のバージョン
    ┗ CONTENT_VERSION_LATEST 真偽値 最新のバージョンを使用する場合は true、バージョンを指定している場合は false
    ┗ ROUTE_METHOD 文字列 メソッド
    ┗ ROUTE_URL 文字列 URL
    ┗ ROUTE_CATEGORY_ID 文字列 ルーティングカテゴリID
    ┗ ROUTE_CATEGORY_NAME 文字列 ルーティングカテゴリ名(標準)
    ┗ ROUTE_CATEGORY_NAME_LOCALIZE 配列 ルーティングカテゴリ名(多言語)
       ┗ LOCALE_ID 文字列 ロケールID
       ┗ LOCALE_NAME 文字列 ロケール名
       ┗ LOCALIZED 文字列 ルーティングカテゴリ名(各言語)
    ┗ ROUTE_CATEGORY_DESCRIPTION 文字列 ルーティングカテゴリの備考(標準)
    ┗ ROUTE_CATEGORY_DESCRIPTION_LOCALIZE 配列 ルーティングカテゴリの備考(多言語)
       ┗ LOCALE_ID 文字列 ロケールID
       ┗ LOCALE_NAME 文字列 ロケール名
       ┗ LOCALIZED 文字列 ルーティングカテゴリの備考(各言語)
    ┗ ROUTE_CREATE_USER_CD 文字列 ルーティング定義の作成者ユーザコード
    ┗ ROUTE_CREATE_USER_NAME 文字列 ルーティング定義の作成者ユーザ名
    ┗ ROUTE_CREATE_DATE 日時 ルーティング定義の作成日時
    ┗ ROUTE_CREATE_DATETIME 文字列 ルーティング定義の作成日時(文字列)
    ┗ ROUTE_UPDATE_USER_CD 文字列 ルーティング定義の更新者ユーザコード
    ┗ ROUTE_UPDATE_USER_NAME 文字列 ルーティング定義の更新者ユーザ名
    ┗ ROUTE_UPDATE_DATE 日時 ルーティング定義の更新日時
    ┗ ROUTE_UPDATE_DATETIME 文字列 ルーティング定義の更新日時(文字列)

10.2.12. DIFF シート

指定バージョン間の改版情報(差分)を出力します。

  • 使用可能な変数

    下記に加えて、「COVER シート」と同じ変数が使用できます。
    変数名 説明
    BEFORE_VERSION 数値 比較する対象の、変更前のコンテンツバージョン
    AFTER_VERSION 数値 比較する対象の、変更後のコンテンツバージョン
    CONTAINER 配列 コンテナの差分情報
    ┗ REMARKS 配列 変更内容
       ┗ TEXT 文字列 変更内容(詳細)
    CONTAINER_PAGES 配列 コンテナページの差分情報
    ┗ CREATED 配列 追加された項目
       ┗ BEFORE_CONTAINER_PAGE_NAME 文字列 変更前のコンテナページの名称
       ┗ AFTER_CONTAINER_PAGE_NAME 文字列 変更後のコンテナページの名称
    ┗ UPDATED 配列 変更された項目
       ┗ BEFORE_CONTAINER_PAGE_NAME 文字列 変更前のコンテナページの名称
       ┗ AFTER_CONTAINER_PAGE_NAME 文字列 変更後のコンテナページの名称
       ┗ REMARKS 配列 変更内容
          ┗ TEXT 文字列 変更内容(詳細)
    ┗ DELETED 配列 削除された項目
       ┗ BEFORE_CONTAINER_PAGE_NAME 文字列 変更前のコンテナページの名称
       ┗ AFTER_CONTAINER_PAGE_NAME 文字列 変更後のコンテナページの名称
    ELEMENTS 配列 エレメントの差分情報
    ┗ CREATED 配列 追加された項目
       ┗ BEFORE_ELEMENT_PATH 文字列 変更前のエレメントの場所
       ┗ AFTER_ELEMENT_PATH 文字列 変更後のエレメントの場所
    ┗ UPDATED 配列 変更された項目
       ┗ BEFORE_ELEMENT_PATH 文字列 変更前のエレメントの場所
       ┗ AFTER_ELEMENT_PATH 文字列 変更後のエレメントの場所
       ┗ REMARKS 配列 変更内容
          ┗ TEXT 文字列 変更内容(詳細)
    ┗ DELETED 配列 削除された項目
       ┗ BEFORE_ELEMENT_PATH 文字列 変更前のエレメントの場所
       ┗ AFTER_ELEMENT_PATH 文字列 変更後のエレメントの場所
    VARIABLES 配列 変数定義のうち、変数の差分情報
    ┗ CREATED 配列 追加された項目
       ┗ BEFORE_VARIABLE_PATH 文字列 変更前の変数のパス
       ┗ AFTER_VARIABLE_PATH 文字列 変更後の変数のパス
    ┗ UPDATED 配列 変更された項目
       ┗ BEFORE_VARIABLE_PATH 文字列 変更前の変数のパス
       ┗ AFTER_VARIABLE_PATH 文字列 変更後の変数のパス
       ┗ REMARKS 配列 変更内容
          ┗ TEXT 文字列 変更内容(詳細)
    ┗ DELETED 配列 削除された項目
       ┗ BEFORE_VARIABLE_PATH 文字列 変更前の変数のパス
       ┗ AFTER_VARIABLE_PATH 文字列 変更後の変数のパス
    CONSTANTS 配列 変数定義のうち、定数の差分情報
       ┗ ... - VARIABLES の配下と同一
    INPUTS 配列 変数定義のうち、入力の差分情報
       ┗ ... - VARIABLES の配下と同一
    ALIASES 配列 エイリアス定義の差分情報
    ┗ CREATED 配列 追加された項目
       ┗ BEFORE_ALIAS_NAME 文字列 変更前のエイリアス定義の名前
       ┗ AFTER_ALIAS_NAME 文字列 変更後のエイリアス定義の名前
    ┗ UPDATED 配列 変更された項目
       ┗ BEFORE_ALIAS_NAME 文字列 変更前のエイリアス定義の名前
       ┗ AFTER_ALIAS_NAME 文字列 変更後のエイリアス定義の名前
       ┗ REMARKS 配列 変更内容
          ┗ TEXT 文字列 変更内容(詳細)
    ┗ DELETED 配列 削除された項目
       ┗ BEFORE_ALIAS_NAME 文字列 変更前のエイリアス定義の名前
       ┗ AFTER_ALIAS_NAME 文字列 変更後のエイリアス定義の名前
    I18N_LIST 配列 多言語定義の差分情報
    ┗ CREATED 配列 追加された項目
       ┗ BEFORE_I18N_KEY 文字列 変更前の多言語定義のキー名
       ┗ AFTER_I18N_KEY 文字列 変更後の多言語定義のキー名
    ┗ UPDATED 配列 変更された項目
       ┗ BEFORE_I18N_KEY 文字列 変更前の多言語定義のキー名
       ┗ AFTER_I18N_KEY 文字列 変更後の多言語定義のキー名
       ┗ REMARKS 配列 変更内容
          ┗ TEXT 文字列 変更内容(詳細)
    ┗ DELETED 配列 削除された項目
       ┗ BEFORE_I18N_KEY 文字列 変更前の多言語定義のキー名
       ┗ AFTER_I18N_KEY 文字列 変更後の多言語定義のキー名
    ACTIONS 配列 アクション定義の差分情報
    ┗ CREATED 配列 追加された項目
       ┗ BEFORE_ACTION_NAME 文字列 変更前のアクション定義の名前
       ┗ AFTER_ACTION_NAME 文字列 変更後のアクション定義の名前
    ┗ UPDATED 配列 変更された項目
       ┗ BEFORE_ACTION_NAME 文字列 変更前のアクション定義の名前
       ┗ AFTER_ACTION_NAME 文字列 変更後のアクション定義の名前
       ┗ REMARKS 配列 変更内容
          ┗ TEXT 文字列 変更内容(詳細)
    ┗ DELETED 配列 削除された項目
       ┗ BEFORE_ACTION_NAME 文字列 変更前のアクション定義の名前
       ┗ AFTER_ACTION_NAME 文字列 変更後のアクション定義の名前
    ROUTES 配列 ルーティング定義の差分情報
    ┗ CREATED 配列 追加された項目
       ┗ BEFORE_ROUTE_ID 文字列 変更前のルーティング定義のID
       ┗ AFTER_ROUTE_ID 文字列 変更後のルーティング定義のID
    ┗ UPDATED 配列 変更された項目
       ┗ BEFORE_ROUTE_ID 文字列 変更前のルーティング定義のID
       ┗ AFTER_ROUTE_ID 文字列 変更後のルーティング定義のID
       ┗ REMARKS 配列 変更内容
          ┗ TEXT 文字列 変更内容(詳細)
    ┗ DELETED 配列 削除された項目
       ┗ BEFORE_ROUTE_ID 文字列 変更前のルーティング定義のID
       ┗ AFTER_ROUTE_ID 文字列 変更後のルーティング定義のID