IM-BIS for Accel Platform IM-BIS デザイナヘルプ 第28版 2022-06-01

BI表示アイテム

画面アイテム「BI表示アイテム」は、Jaspersoftのレポートをフォーム上に表示するためのアイテムです。

注意

「BI表示アイテム」は、Jaspersoft 機能強化モジュールが導入されている環境でのみご利用いただけます。

基本設定

カテゴリ

レポートタイプを指定します。
Jaspersoftのレポートタイプに合わせて、レポート、チャート、ダッシュボードのいずれかを設定してください。

レポートパス

右の虫眼鏡アイコンからレポートを検索し、表示するレポートのパスを設定します。

詳細設定

アイテム名

同一フォーム内で画面アイテムを識別するための名前を指定します。

画面の種類(行項目)

  1. 登録

    Webアプリケーション(標準)での登録画面の時の表示タイプを設定します。

  2. 編集

    Webアプリケーション(標準)での更新画面の時の表示タイプを設定します。

  3. 参照

    Webアプリケーション(標準)での参照(詳細)画面の時の表示タイプを設定します。

表示・入力タイプ(列項目)

  1. 表示

    html上に画面アイテムを存在させます。
  2. 非表示

    html上に画面アイテムを存在させません。

表示タイプ:表示

../../../../../../_images/display25.png

アイテムサイズ・配置

フォーム内での表示の位置・高さ・幅を指定します。

画面アイテムとして指定した領域(「フォーム・デザイナ」画面上で赤い点線で囲まれる範囲)の横の長さ(幅)をピクセル単位で指定します。

画面アイテムとして指定した領域(「フォーム・デザイナ」画面上で赤い点線で囲まれる範囲)の縦の長さ(高さ)をピクセル単位で指定します。

X

画面アイテムとして指定した領域(「フォーム・デザイナ」画面上で赤い点線で囲まれる範囲)の左上頂点のフォーム左上からの横位置をピクセル単位で指定します。

Y

画面アイテムとして指定した領域(「フォーム・デザイナ」画面上で赤い点線で囲まれる範囲)の左上頂点のフォーム左上からの縦位置をピクセル単位で指定します。

表示スタイル

枠のスタイル

表示するアイテムの枠の形式を指定します。
  • none:枠は表示されません。表のセルなどの枠が重なり合う場合は他の値が優先されます。
  • solid:枠は1本の線で表示されます。
  • double:枠は二重線で表示されます。
  • groove:枠は立体的に窪んだ線で表示されます。
  • ridge:枠は立体的に隆起した線で表示されます。
  • inset:枠の内側が立体的に窪んだ線で表示されます。
  • outset:枠の内側が立体的に隆起した線で表示されます。
  • dashed:枠は破線で表示されます。
  • dotted:枠は点線で表示されます。
../../../../../../_images/line_style.png

枠のスタイルによる設定項目の違いについて

枠のスタイルを特定の種類にした場合には、一部の設定項目が下記の通り変わります。
設定した枠のスタイルの種類に合わせて、必要な項目を設定してください。
  • 正方形/長方形の場合

    枠のスタイル 枠の太さ 枠の色 背景色
    none 設定不可 設定不可 必須
    double 設定不可 必須 任意
    上記以外 必須 必須 任意

  • インラインフレーム、BI表示アイテムの場合

    枠のスタイル 枠の太さ 枠の色 背景色
    none 設定不可 設定不可 任意
    double 設定不可 必須 任意
    上記以外 必須 必須 任意

枠の太さ

表示する枠の太さをピクセル単位で指定します。

枠の色

枠の色を色コード(#で始まる16進数)、またはカラーピッカーから選択して指定します。

背景色

背景色を色コード(#で始まる16進数)、またはカラーピッカーから選択して指定します。