IM-BIS for Accel Platform システム管理者 操作ガイド 第22版 2021-04-01

5.4. メールや IMBox を設定する(メッセージ定義)

ここでは、メールや IMBox の設定方法について説明します。
IM-BIS で作成したフローでメールや IMBox による通知を利用する場合には、BISシステム管理者がメッセージ定義を設定する必要があります。

5.4.1. メールや IMBox の利用に必要な設定

5.4.2. IM-BIS のフローでメッセージ通知を設定する

IM-BIS のフローの処理時にメッセージを送信するための設定を行います。
利用するメッセージ種別の詳細については、「 IM-Workflow 仕様書 」を参照してください。

コラム

ショートカットURLから遷移した場合の「戻る(ボタン・リンク)」「一覧に戻る(ボタン)」の遷移先は以下で設定します。
※「戻る」については、ヘッダに設定されるヘッダのアイコンのリンクを含んでいます。

処理依頼、処理結果通知、参照依頼、確認依頼、振替通知、自動催促、根回しメッセージを設定する

フローの処理時にメッセージの通知を利用できるように、コンテンツ定義にメッセージの設定を行います。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「マスタ定義」→「コンテンツ定義」をクリックします。

  2. 設定する対象のBIS名のコンテンツ定義の edit をクリックします。

    ../../_images/mail_imbox_1_1.png
  3. 「バージョン」をクリックします。

    ../../_images/mail_imbox_1_2.png
  4. 対象のバージョンの edit をクリックします。

    ../../_images/mail_imbox_1_3.png
  5. 「メッセージ」をクリックします。

    ../../_images/message_1_4.png
  6. 追加したい配信メディアをクリックします。

    ../../_images/message_1_5.png
  7. 利用したいメッセージ種別の利用可否をクリックします。

    ../../_images/message_1_6.png
  8. 初期使用としてフローに設定する場合は、初期使用を選択します。

    ../../_images/message_1_7.png
  9. 6~8の手順を繰り返し、必要なメッセージ定義の設定を行います。

    コラム

    処理依頼、確認依頼メッセージ定義について、特定のノード(タスク)時では送信する・しないなどの詳細設定を行う場合は、フロー定義の「ルート詳細」から設定してください。